同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > アトム紹介
京都市民総合体育大会スケー...
京都府民選手権
主将セレクション 「空手道部」
主将セレクション「ワンダー...
次こそ近大を破れ!同志社惜...
笑顔は持ち越し…
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年2月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
同志社スポーツアトム編集局とは

「同志社スポーツアトム」(以下アトム)は、本学唯一の体育会機関紙です。それを製作・発行しているのが私たち同志社スポーツアトム編集局です。同志社の体育会機関紙とは、簡単に言えば 「同志社の体育会の選手を扱うスポーツ新聞」の こと。年6回の本紙の発行を軸に、号外の発行やHPの管理などを行っています。 試合を観戦し、選手や監督に直接取材をするのがアトムの大きな活動のひとつです。取材時、緊張はしますが、選手の熱い想いがひしひしと伝わって来て、記者 も思わず感動してしまう時もあります。また取材活動に加え、競技中の写真撮影も自分たちで行います。素敵な写真が撮れたときの喜びは、他では味わえないも のでしょう。
アトムの大きな活動のもうひとつは編集作業です。広告依頼による資金集めから始まり、印刷所との連絡、記事の執筆、紙面のレイアウトなど、すべて自分た ちの手作りでひとつの新聞を作り上げます。「多くの人に楽しんでもらえる、良い新聞を作りたい」という想いから、すべての作業に全力を傾け、約一週間の編 集期間は怒とうのように過ぎていきます。それだけに、出来上がった新聞を学内外の皆さんに読んでもらえた時の達成感は、言葉では表しきれません。我々の取 材先への交通費はすべて自費です。全国大会等の遠征にも可能な限り行きます。そのためにほとんどの局員がバイトをしています。正直、その他いろいろなこと を犠牲にしてやっています。では、なぜそこまでして取材に行くのか・・・なぜアトムをつくるのか・・・。それは本当に局員全員がスポーツを好きだからで す。かけがえのないものに出会えるからです。私たちが毎日通っている同志社にも、こんなすごい選手がいる、こんな熱いドラマがある。それを一人でも多くの 人に伝えたい!そんな各局員の熱い熱い想いの詰まったアトムをぜひご覧ください。

アトムは2008年、おかげさまで30周年を迎えることができました。これを記念して、アトムの歴史を掲載しています。
リンク先のページでは、アトム第1号を掲載するなど、内容盛りだくさんです。どうぞご覧ください。


アトム年間予定
4月上旬 新入生歓迎号発行
5月上旬 硬式野球部・同立戦特集号
7月中旬 春季リーグ報告号
10月上旬 秋季リーグ展望号
11月中旬 秋季リーグ報告号
12月中旬 ラグビー特集号
 
このページのトップに戻る
2016年度・3役紹介
左から滝川晴也(副編集長) 小林洋貴(編集長) 金澤有沙(主務)
同志社スポーツアトム編集局、第38代編集長を務めております小林洋貴です。伝統ある部活でこのような立場に立つことが出来、大変光栄に感じております。また、様々な方々からのご支援を受け、活動させていただいていることを日々実感しております。我々スポーツアトム編集局は同志社体育会の活動を広め、これからの同志社スポーツがより強く、より良いものになればと取材活動、編集活動に勤しんでおります。同志社体育会唯一の広報機関としての自覚と責任を持って、そして同志社体育会ファンの一員として、読みやすく分かりやすい新聞で体育会の熱を伝えていきたいと思います。今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。

このページのトップに戻る
内部組織紹介
アトムでは担当部制により基本的には部員が一人で取材に行く形式を採用しております。一人が複数の班を受け持つことも可能です。しかし活動体制を強化するために、内部で数名~十数名の組織を構築し、一人では負いきれない仕事や取材などをチーム単位で当たる班方式を採っています。
現在常設されている班は、硬式野球班・ラグビー班の二つです。ただし特定の行事などでまとまった人数が必要となる活動では、そのたびに特設の班を組織することがあります。
ラグビー班
ラグビー班は、楕円球に魅せられた者たちの集まりです。経験・知識の有無に関わらず、ただラグビーは面白い!と感じたセンスある局員たちで構成されています。試合のデータ収集・写真撮影・取材・企画の考案などを中心となって行っています。ラグビー部の活躍を見るためなら全国津々浦々どこでも駆けつけます!春シーズンからラグビー特集号編集まで、全員で助け合って紺グレを追いかける覚悟です!
硬式野球班
硬式野球班は5月に発行される春季リーグ戦の同立戦特集号が一番忙しいです。主な活動としては、毎試合後に監督、活躍した選手に取材を行い、その取材をもとに記事を書いていきます。
活躍した選手の声を一番に聞いて、その感動を読者に伝えるのは大変ではありますが、非常にやりがいがあります。野球を全く知らない人も、みんなで協力しあいます。
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について