同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 乱打戦を落とし3回戦へ:硬式野球部
第91回日本学生氷上競技選...
第91回日本学生氷上競技選...
吉村ベスト8
1部昇格ならずも成長見えた
チームのために出来ること
'18秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
乱打戦を落とし3回戦へ:硬式野球部
2018/04/09 HEAD LINE NEWS
同大060000000-----6
関大50020100×-----8

関西学生野球春季リーグ (2018年4月8日)

4月8日にわかさスタジアム京都にて行われた関西学生野球春季リーグ第1節関大戦2回戦、同志社は6‐8で敗れた。序盤から四死球や失策が目立ち、一度は逆転に成功したが流れをつかみ切れなかった。これにて対戦成績は1勝1敗。勝ち点の行方は9日の3回戦の勝敗にゆだねられることとなった。


あまりに苦しい立ち上がりだった。同志社の先発は溝田(スポ3)。先頭の多田に安打を許すと、レフト松本の打球処理がもたつき一気に3塁へ進塁を許す。続く太田にライト前へ運ばれ2者で先制点を献上してしまう。


これでリズムが狂った溝田、制球を乱し2四死球で満塁に。6番野口にセンター前に運ばれると、福原(政策4)が後逸し走者を全員返してしまう。指揮官は球審に交代を告げた。3分の1回4失点。故障からの再起を図った右腕の開幕戦はあっけなく終わりを告げた。


先発の溝田


5点差の苦しいスタート。しかし前日に3点差を逆転した同志社打線はすぐさま反撃に出る。先頭福原が左前安打で出塁すると、その後も相手守備の乱れに付け込み1点を返す。打順は上位に返り、杉内(法3)と前田(商4)にも適時打が飛び出し一挙6得点。逆転に成功した。


この日もマルチ安打を記録した好調の福原


2戦連続で粘りを見せた同志社のベンチ


両者に失策が頻発しゲームの流れはどっちつかず。次の1点が大きなカギを握る展開となった。


試合が落ち着きかけた4回裏、次の1点は関大に入った。粘投を見せていた難波(社3)だったが、先頭打者の四球からピンチを招く。ここで前日好投し逆転勝利を呼びこんだ村居(スポ3)にスイッチ。同志社が誇る左殺しが6番野口と対峙した。カウント1-1からの3球目、打ち返された打球はまたしてもセンターの前でポトリ。続く松島恒にも適時打を許し再逆転された。


リリーフエースに成長した村居


2回には6点を挙げ5点差を逆転した打線にとって、2点差は決して厳しいものではないはずだった。しかし関大の2番手左腕が反撃の芽を摘んでいく。5回途中から登板した巻、変則気味のフォームからキレのあるボールを投げ分け、6~8回の3イニング連続で三者凡退。8回には三者連続で右の代打を送り突破口をうかがったが無力だった。


今年のチームの理想の勝ち方は「投手陣が内野ゴロを打たせ守備でリズムを作り、ロースコアで勝つ」(渋谷監督)野球だ。そのためには、投手の制球と野手の守備の安定が必要不可欠なことは言うまでもない。捕手の越智(法4)は「(相手打線の)対策はしっかりしている。それを実践するだけ」と悲観視はしない。3回戦はエース福島(法4)が初戦のリベンジを期して登板する。誰よりも勝利にこだわる主将の右腕に対関大4年ぶりの勝ち点はかかっている。(本林大将)


敗れたがチームの雰囲気は依然として明るい


スタメン
(三)辻
(遊)杉内
(一)四川
(右)前田
(中)福原
(左)松本
(捕)越智
(投)溝田
(二)足立

バッテリー
溝田、難波、村居、仲野―越智、西林
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について