同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > あと一本が出ず敗戦:硬式野球部
関西大学ラグビーAリーグ
優勝・昇格決めた!
開幕4連勝で流れに乗る
'18秋の展望「...
'18秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
あと一本が出ず敗戦:硬式野球部
2018/05/09 HEAD LINE NEWS
同大021000000-----380
近大100002001-----492

関西学生野球春季リーグ (2018年5月6日)

5月6日にほっともっとフィールド神戸(兵庫県)にて行われた関西学生野球春季リーグ第5節対近大2回戦、同志社は3‐4で敗れた。これにて対戦成績は1勝1敗となり、勝ち点の行方は3回戦にゆだねられることとなった。


この日の先発は難波(社3)。中継ぎでの起用が続いていたが、溝田(スポ3)の不調もあり今季初先発となった。


初先発の難波。


初回、佐藤(近大)の適時打で先制を許すも、打線はすぐさま反撃に転じる。2回表、西林(政策4)と難波に安打が出る。バッテリーでチャンスを作り上位打線に回った。打席には1番辻(商4)。2球目を強く叩くと、鋭い打球はライトの頭上を越えていった。この一打で2者が生還。鮮やかな逆転劇で難波を援護した。3回には相手守備のほころびを突いて1点を追加し、ゲームの主導権を握った。


先制適時打を放った辻。


3点の援護を受けた難波は尻上がりに調子を上げた。再三得点圏に走者を背負うも、連打は許さなかった。

インターバルを挟んで6回の守備、1死から難波が11球を投じた末に山川(近大)を歩かせると、続く川上(近大)に安打を許す。ここで投手交代。109球で難波は初先発のマウンドを降りた。


2番手として村居(スポ3)が登板した。先頭打者をピッチャーゴロに打ち取り2死にこぎつけ、迎えるは近大主将の中家だった。平行カウントからの5球目、舞い上がった打球は右中間を割っていった。これにて同点。試合はこの日も終盤勝負となった。


2番手の村居。


中盤以降、ホームが遠かった。ゲームを振り出しにされた直後の7回から、3イニング連続で得点圏に走者を置くも無得点に終わる。数えた残塁は11個。「次の1点」を決められず、先攻として厳しい展開となった。


3番手の仲野。


そして9回裏、勝負は決した。3イニング目となった3番手の仲野(法2)が連打と敬遠で無死満塁のピンチを背負うと、代打・井町(近大)に三遊間を抜かれゲームセット。今季初のサヨナラ負けにグラウンドの選手はうなだれた。


優勝のためにも次戦では勝利のみが求められる。選手が再三口にする「勝利への執念」で昨春王者を駆逐して欲しい。(本林大将)



スタメン

(三)辻

(遊)杉内

(一)越智

(左)福原

(右)前田

(中)森田

(捕)西林

(二)足立

(投)難波


バッテリー

難波、村居、仲野―西林


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について