同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 神宮への道、閉ざされる:硬式野球部
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
関東の壁高し
敗北を力に変えて
'19秋の展望「...
'19秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年10月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
神宮への道、閉ざされる:硬式野球部
2019/10/04 HEAD LINE NEWS
同大0000000100
関大0100000001☓

関西学生野球連盟秋季リーグ戦 (2019年10月4日)

10月4日に南港中央野球場(大阪府)にて関西学生野球連盟秋季リーグ第5節対関大3回戦が行われた。リーグ優勝のために必須な勝ち点を懸け、一勝一敗で望んだ最終戦。同志社は髙橋恭(経2)が156球の力投を見せたが、延長10回の末に1-2でサヨナラ負けを喫し勝ち点を逃した。


惜敗を悔しむ四川(社3)


両者譲れない大一番は両エースが先発で登板。ロースコアの投手戦となった。

1回表、まずマウンドに登板したのは関大のエース高野(関大)。先制点を奪い試合を優位に進めたい同志社は今季初めて1番打者を任された工藤(文4)が見事な選球眼を活かし四球で出塁する。さらに、四番打者の松本(スポ4)が左安打で二死1・2塁とし、いきなり先制のチャンスを作る。しかし、続く栗林(スポ3)が左飛に倒れ、得点には繋がらない。

その裏、マウンドに上がったのは同志社のエース髙橋恭。相手打線を三者凡退で抑え、幸先の良いスタートを見せる。


156球の力投を見せた髙橋


しかし、2回裏に相手の四番打者にヒットを許すと、さらに犠打により一死2塁とされる。ここでライト方向に適時打を放たれ、先制点を献上する。それでも、後続をしっかりと抑え最少失点で切り抜けた。

直後の3回表、小川晃が二死からヒットで出塁すると、盗塁を試みる。すると、相手捕手の送球が乱れ、一気に三塁まで進塁する。同点のチャンスで打席に入るのは四番・松本。なんとか得点を奪いたいところであったが、松本のバットは風を切り、残塁に終わる。


今試合2安打を放つ小川晃


後半戦に入っても、髙橋恭がランナーを出しつつも、粘りの投球で得点を許さない。

すると8回表、同志社にとって待望の瞬間が訪れる。主将・杉内(法4)が意地のバッティングでセンター前にヒットを放つと、さらに盗塁と相手のエラーでで三塁まで進み無死3塁と絶好のチャンスを演出する。この場面で、迎えるは小川晃(商3)。2ストライク1ボールと追い込まれてからの4球目、空振り三振かと思われたがボールが転々としている間に振り逃げに成功する。さらに、隙をついた杉内がその間にホームイン。終盤でなんとか同点に追いつく。9回は髙橋恭、高野に代わった香川の両投手が好投を見せ、スコアボードにゼロが並ぶ。勝負はそのまま延長戦にもつれ込んだ。


好走を見せた杉内


しかし10回裏、突如試合が動く。髙橋恭の投じた一球は相手バットの芯を外し打ち取ったかに思われたが、運悪く内野安打となってしまう。続く一番打者も打ち取ったかに思われたが、二塁でアウトを取りにいく強欲さが裏目に。フィルダースチョイスで無死1・2塁のピンチを迎える。さらに、二番打者もエラーで出塁を許し、無死満塁としてしまう。ここまでくれば、流れは完全に関大のものに。三番打者にセンター前に打ち返されサヨナラ負けを喫した。


激走を見せた髙橋


澁谷硬式野球部監督は「エースの髙橋(恭)が完投できたってことが収穫。あとは関大の高野の投球が良かったけど、点を取れるチャンスもあった。そこで取りきれなかったのが一番の敗因。」と試合を振り返った。

「あと二つ勝ち点とるチャンスがあるのでそこをしっかり勝ち切って、勝ち点をとることができれば来年優勝することのためにもつながってくると思う。試合もそうだが練習の部分から目標がまた変わってくると思うので(優勝がなくなって)そこの切り替えをしっかりしたい。」と話すのは主将・杉内。対関大戦を落としたことで、リーグ優勝の可能性を手放した同志社。ここからの京大戦、立命戦は気持ちを新たにする。目標は変わってしまったが連勝目指し、杉内組は前を向く。



(文責:川瀨 蒼 撮影:大石きらり、岡本莉奈、久保孝太、水納愛美)




スタメン

(一)工藤

(二)杉内

(三)小川晃

(四)松本

(五)栗林

(六)鎌倉(社3)

(七)山下樹(商3)

(八)本間(スポ3)

(九)髙橋恭



バッテリー

髙橋恭ー栗林



同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について