同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 継投策で挑むも惜敗:硬式野球部
今季初の大会も本領発揮できず
チームプレーで大量得点【陸...
吉田治寛・山中一輝
‘20ルーキー特集:ラクロ...
ラグビー特集号
'16秋季リーグ報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2020年12月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
継投策で挑むも惜敗:硬式野球部
2020/09/19 HEAD LINE NEWS
関大201000011-----5
同志社000100200-----3

関西学生野球連盟秋季リーグ戦 (2020年9月19日)

919日に南港中央野球場(大阪府)で行われた関西学生野球連盟秋季リーグ第3節対関大1回戦。継投策で相手打線を封じようと試みるも守りきることは出来ず、同志社は3-5で敗北を喫した。



初回から試合は動いた。先頭打者に左安打を浴びせられ出塁を許すと、3番打者に左中間を越える適時三塁打を打たれる。その後も3回表に四球から出塁を許し、得点圏にランナーを進めてしまう。初回にヒットを打たれた相手の4番にまたも適時打を放たれ、序盤で3失点という厳しいスタートとなった。

 

 

相手打線を抑えきれなかった髙橋恭(3)

 

 

同志社も反撃を開始する。4回裏に5番髙尾(政策4)が左中間に二塁打を放ち一気に得点圏にランナーを進めると、6番塚本(商1)が左安打で出塁。その後満塁のチャンスを作り、内野ゴロの間に1点を獲得した。また7回裏の攻撃では橘高が四球で出塁し、代打杉森が左安打を放つ。後に続けと四球で進塁し、1死満塁の場面で主将四川(4)に打順が回ってくる。「チャンスで回ってきたら初球から打って行こう」と思い切りバットを振った。跳ね返ったボールは一、二塁間を抜け右適時打となる。2人のランナーがホームベースを踏み、同点に追いついた。

 

 

右適時打を放った四川

 

 

しかしここで黙っていないのが関大打線。8回表、死球で進塁をすると続く打者に中適時打を打たれ1失点。9回表でも勢いを止められず点差をつけられてしまう。同志社はそのままチャンスを作ることができず、3-5で試合は終了した。

 

 

失点を悔やむ栗林(スポ4)

 

 

6人の投手が登板するという継投策で挑んだ対関大1回戦。今季初登板となった道端(法2)、西村(法3)は変化球を織り交ぜ無失点に抑えた。だが勢いのある関大打線を完璧に封じることは出来なかった。「中継ぎはやっぱりピンチだったり、接戦の場面で登板することが多いので、先発とは違って一球目からマックスで投げられる」と都築(4)は語る。明日こそ同志社の持ち味である継投策で白星を目指す。

(文責:片木香穂、撮影:内藤界、箕浦祐芽)



スタメン

()青地 9

()四川 5

()小川晃 8

()田村 7

()髙尾 3

()塚本 6

()橘髙 4

()栗林 2

()髙橋恭 1


 

バッテリー

髙橋恭、道端、西村、田中樹、都築、髙橋佑ー栗林

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について