同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 春季リーグ戦開幕 逆転勝利で白星発進!:硬式野球部
令和3年度関西学生バドミン...
令和3年度関西学生バドミン...
主将セレクション「卓球部男子」
主将セレクション「卓球部女子」
関西シングルス優勝!リーグ...
快勝で幕開け
’21春 新入生歓迎号
ラグビー特集号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2021年4月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
春季リーグ戦開幕 逆転勝利で白星発進!:硬式野球部
2021/04/03 HEAD LINE NEWS
関大100020000-----3
同志社00001120×-----4

関西学生野球連盟春季リーグ戦 (2021年4月3日)

4月3日、わかさスタジアム京都にて、待ちに待った関西学生野球連盟春季リーグ戦が開幕した。新監督を迎えて初となる公式戦は、強敵関大を相手に4-3で逆転勝利を収め、最高の状態でリーグのスタートを切った。

 

リーグ初戦の先発を任されたのは同志社の不動のエース、髙橋恭(経4)だ。初回、先頭打者に中安打を許し、続く打者も打ち取ることができず1点を献上。その後、四球でランナーを歩かすも粘投をみせ追加点は許さなかった。しかし試合中盤、またしても先頭打者にヒットを浴び、自らの野選でピンチを広げる。「慎重に入りすぎた、やってやるという気持ちが逆に守りに入ってしまってリズムに乗れなかった」と振り返った。5回途中で降板し、ここから花野新監督の継投策が始まった。遠藤(経4)をワンポイントリリーフで起用し、続く真野(スポ2)が登板するも、捕手長谷川(経4)の失策で一挙に2失点。3-0と点差を広げられる。

しかしこの裏、5番橋本(商2)が出塁し、その後単打が続き1点を返上する。「まだ諦めてないっていう雰囲気がベンチにあった」と、主将城下(法4)は当時を振り返った。この回を機に、同志社打線に火がついた。6回、今村(法2)の二塁打でチャンスメイクし得点を重ね、3-2と1点差まで縮める。



二塁打を放った今村



さらに7回、下位打線の久保田(神4)が塁に出ると、入部2日目のルーキー浅野(法1)が左適時打を放ち同点に追いつく。練習にも取り入れた積極的な盗塁で塁を進め、2番今村の犠飛で逆転に成功。

野手陣の攻撃に応えるかのように、計7人の投手陣も力投をみせマウンドを守り抜き、4-3で初戦を締めくくった。



逆転し、ホームイン後の長谷川


 

花野監督を迎えての初陣で見事白星を飾った城下組。試合後、ベンチ入りした選手とスタンドから声援を送り続けていた選手たちが合流した廊下は、歓喜の声で包まれた。主将城下から監督へウイニングボールが手渡され、部員たちからは拍手が送られた。「やっぱり嬉しかったですね。今日は本当に選手たちがボールに喰らい付いて、やろうっていう気持ちがあったから勝てた。選手たちに感謝ですね」と花野監督は笑みをこぼした。

投手を除いた8人がほとんど試合経験のない選手たちで構成された今日のスタートメンバー。そんな中でつかみ取った今日の勝利は、間違いなく選手たちの自信へとつながるだろう。城下は試合終わりのミーティングで、「去年とはやっぱり一味違うと思う。一人一人ユニフォーム着てたり、正装着てたり状況はちゃうけど、全員が同じ思い持って明日も勝って、優勝目指して頑張ろう」とチームを鼓舞した。

まだまだ変革途中の同志社には、成長の余地がある。昨年の悔しさから心機一転、チャレンジャーとして挑む一年が始まった。

(文責:吉田麻沙子、撮影:山口萌恵子、藤原和奏、橋本純)



スタンドに向かい挨拶をする一同


 

スタメン

(一)杉浦8

(二)今村5

(三)星加3

(四)松井9

(五)橋本7

(六)釜萢4

(七)久保田6

(八)長谷川2

(九)髙橋恭1

 

バッテリー

髙橋恭、遠藤、真野、道端、西村、小倉、髙橋佑 -長谷川

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について