同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 健闘の新人戦:ボードセイリング部
第45回全関西学生ライフル...
第45回全関西学生ライフル...
4年生が語る主将、チームへの思い
春季リーグ1部6位で終幕[...
眞壁更紗・富田真結
春リーグ完結!【陸上ホッケ...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年5月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
健闘の新人戦:ボードセイリング部
2019/03/16 HEAD LINE NEWS

全日本学生ボードセイリング選手権新人戦 (2019年3月7日)

3月7日から3月9日にかけて静岡県浜名湖舘山寺で行われたインカレ新人戦。一年間の集大成となる試合だ。これまでの練習の成果を出すべく、同志社からはメンズ4名、レディース2名出場し、メンズの新矢(商1)が8位入賞を果たした。


新人戦8位に入賞した新矢(商1)


例年のように強い風で新人を迎える浜名湖。第1レースを4位に終えるなど好調なスタートを切る新矢。しかし、第2レースで強風が襲い、過半数を超える選手がゴールすることができず、新矢も例外ではなかった。

迎えた2日目。またしても新矢自身にアクシデントに襲われる。なかなか結果を思うように残すことができず「レース中コンタクトが外れて、どこに向かっているのかほとんどわからない状態だった」語った。それでも何とかゴールを切る。2日目の時点で暫定順位は14位。入賞圏内からは大きく遠のいてしまった。「もう気にすることはない、3日目はのびのびとやろうと切り替えたら、気持ちが晴れて肩の力を抜くことができた」

最終日。第5・6レースも順位をシングルでまとめ、最終レースでは、スタートで沈するという大きなハプニングに見舞われたが、最終順位を8位に終え入賞を果たした。「安心したというよりもっと上に行けると思った。小さなミスをなくして行きたい。今後はエキスパートで先輩と一緒のレースだけどそこでも上位に入れるように頑張りたい」と新人戦を振り返り、向上心をみせた。


風にのる川井(政1)


「前に比べてレース中に周りが見えるようになってきた」(川井)。「積極的に練習に行くようになった。気持ちの面でも上回生にサポートしてもらって成長できたと思う」(新矢)。この一年で成長を感じた選手たち。惜しくも入賞を逃したものの、最終順位を上位で終えた同志社勢。来年からはエキスパートに仲間入りして先輩たちと同じ海上でインカレ予選にも出場できる。努力次第で可能性を増やせるはずだ。これからの彼らの活躍に目が離せない。


レディースの川井、武市を浜で待つOBと選手
(足立みずほ)
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について