同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 結果残せず:アーチェリー部
第96回関西学生サッカーリ...
宿敵から2勝目を奪う
関大に惜しくも敗北
月1座談会 第6弾「幹部が...
選手コメント
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年9月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
結果残せず:アーチェリー部
2018/02/23 HEAD LINE NEWS

第18回全日本学生室内アーチェリー個人選手権大会 (2018年2月15日)

2月15、16日に近畿大学東大阪キャンパス記念会館(大阪府)にて行われた第18回全日本学生室内アーチェリー個人選手権大会。

同志社からは、福持(文情3)と廣瀬(スポ2)が出場するも予選敗退に終わった。



昨年の関西学生インドア大会と同じ場所で行われた今大会。

予選では60射で、その合計点数がボーダーを超えれば決勝ラウンドに進むことができる。



的を狙う福持



前半思うように撃てなかった福持。しかし、それからの立ち上がりが良かった。徐々に調子を上げていきボーダー近くまで順位を上げていく。「途中からいつも通りの撃ち方で撃てるようになって調子が上がった」。

30金も撃ち、このまま決勝ラウンドへの切符を勝ち取るかと思われたが、2点足りず次に進むことができなかった。



撃ち終わった福持



決勝ラウンドは目の前だった。悔しさが残る。福持は今大会を振り返り、「集中力と重心を意識してこれからの試合に挑んでいきたい」と語った。



狙いを定める廣瀬



廣瀬はいつもの力を発揮することができなかった。全国から集まった選手たちが一斉に矢を放つ。撃ち終わった選手たちが帰ってくる中、廣瀬は限られた時間を目一杯使った。「緊張も重なって思うように動けなかった」。会場の空気に飲み込まれ波に乗れない廣瀬だったが、最後まで戦い抜いた。



間を置く廣瀬



福持も廣瀬も4月から始まるリーグ戦、そしてその先の王座決定戦のメンバーに入ることを目標としている。

今大会で見えた課題を修正し、勝ちにこだわり、同志社を勝利へと導いていってくれることを期待したい。(大石きらり)



【結果一覧】

福持 予選敗退

廣瀬 予選敗退

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について