同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 3回戦敗退も、強気で攻めきった:バスケットボール部
第96回関西学生サッカーリ...
関大に惜しくも敗北
10得点で大勝。秋季リーグ...
選手コメント
西谷監督へのインタビュー
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年9月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
3回戦敗退も、強気で攻めきった:バスケットボール部
2018/06/08 HEAD LINE NEWS

第67回西日本学生バスケットボール選手権女子 (2018年6月6日)

6月6日に府民共済SUPERアリーナ(大阪府)で行われた第67回西日本学生バスケットボール選手権大会。1部リーグの天理大相手に55-104と大差をつけられ、同女大は3回戦敗退となった。

士気を高めるメンバー

第1Qから天理大のペースで試合が進んだ。相手のゴールへの力強い切り込みと、ゴール下のパワープレーに押されたが、最初から粘りのディフェンスを見せた。同女大はうまく攻めきれず、10-29と差をつけられた。


第2Qも流れは天理大にあった。焦りからかミスが目立つ厳しい展開。シュートを打つ数は少なかったもののシュート決定率はとても良く、少しずつ得点を伸ばし28-55で前半を終えた。

期待の1年生ルーキー石坂(同女・学芸1)

迎えた第3Qでは相手に押されつつも、攻守ともに同女大に勢いがでた。セットプレーではなく相手の隙をついた個人プレーで得点を挙げる。44-82と差は縮めることはできなかったが、スピードや技術の面で相手に引けを取らないプレーが見られた。

亀山(同女・現代社会3)粘りのディフェンス

最後の第4Q。気合の入ったプレーで"同女大らしさ"が見受けられるゲームだった。野村(政策3)の3Pシュートで一気に同女大に流れを呼び寄せ、得点を重ねた。「点差は離れてしまっているけど、勝つつもりで攻め続けよう、強気でいこうとチームで話していた(主将川原田)」。55-104で3回戦敗退となったが、最後まで気持ちでは負けていなかった。

流れを変えた野村

1部リーグの天理大はやはり強かった。相手に押され雰囲気が悪い中でも、コート内では多くの声かけが見られ、ベンチからも熱い声援が送られた。「どんな相手であっても自分たちのプレーをやり抜く力はつけていく必要がある。」課題ができた今、また練習に力が入る。(藤城 明子)
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について