同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 中盤粘れず大体大に敗北:バスケットボール部
関西大学ラグビーAリーグ
武庫川女大に粘り勝ち!3-...
悔い残る5位
'18秋の展望「...
'18秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
中盤粘れず大体大に敗北:バスケットボール部
2018/10/10 HEAD LINE NEWS

関西学生バスケットボールリーグ戦 (2018年10月7日)

10月7日に近畿大学記念会館(大阪府)で行われた関西学生バスケットボールリーグ戦、第10戦目、対大体大。リーグ戦1巡目は快進撃を続け、7勝2敗で3位という好成績に終えた同志社。リーグ戦2巡目の初戦に良いスタートダッシュをかけたいところだったが、1部リーグでの勝負の世界はそう甘くはなかった。


得点源であるインサイドが徹底的に封鎖された。中にボールが入っても相手のプレッシャーにより、思うようにプレーできない。いつものオフェンスのリズムが崩れ、なかなか流れをつかみ切ることができない展開が続いた。何とか速攻や外からのシュートで点数をつないだが、一進一退の攻防が続き、3点ビハインドで後半戦へ。(37-40)


試合開始。

 

第3Qに試合が動く。先行きの見えない展開から一転、相手のバスケットカウントを機に流れは一気に大体大へ。スピードあるオフェンスに翻弄され、大量得点を許してしまう。下田(法4)が、合わせで果敢にゴールに向かい得点を決めるも、相手の勢いは止まらない。点差は広がり、48-60の12点ビハインドで最後の10分を迎える。


ゴールに向かう下田。


どうにか早い展開で反撃に出たい同志社。しかしその焦りが仇となり、ミスが目立ち始める。そのミスを餌食に相手は速攻を決め、点差が17点まで広がる場面も。田邊(商3)を筆頭にアウトサイドからのシュートが決まり始めるも、相手のスピードに最後まで追いつけない。流れを変えることはできず、66-78でリーグ戦2巡目の初戦を黒星に終えた。


タフショットになり弾かれる。


ベンチの様子。


敗因は明確だ。「インサイドがシャットアウトされて、その後のオプションを何も持ってなかったので、その部分を試合の中でアジャストしていかなければならなかった。」(右田主将・スポ4)ゾーンディフェンスを敷かれ、攻撃の起点が封じ込められ機能できなくなった。そこからどのように次のプレーを展開していけるかがこれからの課題だ。「今日の負けは反省しつつ、切り替えてやらないと。」(右田主将)強みを攻略され厳しい戦いが強いられる2巡目だが、悔しさをばねにここから勢いを取り戻す。(岡本莉奈)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について