同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 新人戦、ベスト8:バスケットボール部
第91回日本学生氷上競技選...
第91回日本学生氷上競技選...
課題修正しインカレに挑む
強さ見せつけた京都選手権
チームのために出来ること
'18秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
新人戦、ベスト8:バスケットボール部
2018/12/01 HEAD LINE NEWS

関西学生バスケットボール新人戦 (2018年11月23日)

11月23日に近畿大学記念会館(大阪府)で行なわれた2018関西学生バスケットボール新人戦。4回戦、神戸大に91―62で快勝。続く準々決勝、天理大に65―75で敗北。新人戦をベスト8で終えた。


試合開始


序盤、身体能力やフィジカルで上回る相手に苦戦した。ディフェンスでは1対1から崩される場面が多かった。オフェンスでは果敢にドライブを仕掛けるも相手のフィジカルの前に決めきれない。第1Q、残り3分で10点差。苦しい立ち上がりとなった。

打開策として、ゾーンディフェンスを仕掛ける。「流れを断ち切るため、色々試したかった。」(加賀美HC)これが功を奏した。相手の勢いを止め、得点を許さない。オフェンス面では北方(文情1)が爆発した。「自分の役割がスリーで、1本目から調子良かったので迷わず打てました。」第1Q、残り2分から3Pを三連続で沈めた。これでリズムに乗った。1試合で7本の3Pを決める活躍を披露。停滞したオフェンスに刺激を与え、チームに勢いを持たせた。


フィジカルで劣る相手に果敢に攻める万久里(政策2)


得意の3Pで存在感を示した北方

第3Q、相手の3Pシュートが入り始め、一時17点差をつけられる。追いつきたい同志社は5点差まで詰め寄る。しかし、そこから追いつけず、10点差で敗北を喫した。

決定的だったのはオフェンスリバウンドからセカンドチャンスを与えすぎたことだ。相手の45本のリバウンドのうち21本がオフェンスリバウンドだった。身長差はあまりなかった。しかし、フィジカルの差がリバウンドに影響し、とることが厳しい状況となった。(宇佐美義人)


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について