同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 勝利でリーグ閉幕:バスケットボール部
SO戦制し大勝利!【陸上ホ...
籠谷、関カレ連覇!
吉田治寛・山中一輝
‘20ルーキー特集:ラクロ...
ラグビー特集号
'16秋季リーグ報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2020年12月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
勝利でリーグ閉幕:バスケットボール部
2020/10/26 HEAD LINE NEWS

2020年度関西学生バスケットボールリーグ戦 (2020年10月25日)

10月25日に東淀川体育館(大阪府)にて行われた、関西学生バスケットボールリーグ戦最終日。同志社は大経大と対戦し、75―43で危なげなく勝ちを収めリーグ終幕となった。


試合は同志社ボールから開始された。万久里(政策4)の安定したジャンプシュートや3Pで得点を重ねていく。その後も果敢に攻めるも、ゾーンプレスに苦しみ得点のチャンスを作り出せない。両者譲らぬ攻防が続き、思うように点差を広げられず30―25の5点リードで前半を終える。



果敢に攻める万久里



後半が始まり、髙嶋(商3)が体格を活かしたディフェンスで相手の攻撃を阻む。板澤(商1)の相手の隙をついたプレーや東(文2)のバスケットカウントを誘うドライブインで得点を重ねた。18点リードで迎えた最終クォーターでは、主将・万久里を中心にスコアを伸ばしていく。相手の攻撃をチームディフェンスで守り抜き、失点を8点に抑えるという好守備を見せた。試合終了約20秒前、30点リードの同志社だったが最後の一瞬まで攻めの気持ちを忘れない。万久里が果敢に切り込み2ショットのチャンスを獲得。落ち着いて放たれたシュートは2本ともリングを通過し、75―43で最終戦を勝利で飾った。



切り込む東



万久里がこのリーグで引退となる。果たすことのできなかった「インカレ出場」は次世代に託された。彼の背中を見て成長した後輩たちが、今季の悔しさを胸に刻み再スタートを切る。(文責・片渕千尋、写真・藤原和奏)




万久里と4回生マネージャーの山田(文情4)



集合写真

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について