同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > インカレに向け好発進:カヌー部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
インカレに向け好発進:カヌー部
2017/08/22 HEAD LINE NEWS

第53回関西学生カヌー選手権大会 (2017年8月9日)

8月9日~12日にかけて音水湖カヌー競技場(兵庫県)にて行われた、第53回関西学生カヌー選手権大会(関カレ)。WK-2 500㍍ 決勝に出場した山本結花(スポ4)・宍戸美華(スポ3)ペアが関西制覇を成し遂げた。



「自分たちの力をしっかり試しにいくつもりだった」(山本)という予選。スタートした直後、いきなりガクンと艇が重くなった。これまでにない感覚に焦りが募る。重さの原因は、艇の底にあるラダーに引っかかった流木。当日は台風の影響もあり、コース内に流木が流れ込んでしまっていた。想定外の事態だったが、先に流木に気づいた宍戸が冷静に対応し乗り切った。




決勝での山本・宍戸



予選で思うように漕ぎきれなかった中、準決勝は優勝候補のペアと同じ組で争うことに。ここでは僅差で2位となったが、逆に「(相手ペアに)勝ちに行く」(宍戸)という気持ちで決勝に臨めた。決勝でもいつも通りに、スタートから思い切り漕ぐ。そして先頭でラスト50㍍へ。差も十分ある。「ここ(50㍍)を超えればいける」(山本)。だが疲労も限界まで達し、体が悲鳴を上げる。意図せず失速した間に他艇も激しく追い上げてくる。混戦する中、ゴール――。宍戸の手が高く上がった。チームからも歓声が上がる。山本・宍戸ペアが見事、優勝を果たした。




1位でゴールし、手を高く突き上げる宍戸



次戦はついに全国の舞台。500㍍ももちろんだが、200㍍では3連覇もかかっている。これまでのインカレでは500㍍で勝ち切れていないことが課題だったというが、「ベストパフォーマンスを出せたら勝てる」(宍戸)。2冠、そして3連覇へ――。舞台は整っている。(名倉幸)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について