同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > さらなる高みへ…:カヌー部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
さらなる高みへ…:カヌー部
2017/08/22 HEAD LINE NEWS

第53回関西学生カヌー選手権大会 (2017年8月9日)

8月9日~12日にかけて音水湖カヌー競技場(兵庫県)にて行われた、第53回関西学生カヌー選手権大会(関カレ)。C-2 1000㍍ 決勝に井上啓介(法3)・川嶋航大(社3)ペアが出場し、7位に入った。



例年はシングルで決勝に残っていた同志社シニア男子。今季は準決勝に進んだ人数こそ多かったものの、シングル種目では決勝に進めなかった。そんな中、ペア種目で唯一決勝へと駒を進めたのが、井上・川嶋ペアだ。



予選では多くのペアが、他チームの様子をうかがいつつ力をセーブしたレース展開を見せる。井上・川嶋ペアも最初はそのつもりで漕いでいた。だが途中、川嶋が「もっと上げよう」と声をかけた。結果、好位置で予選を通過したことで、準決勝の組み合わせ2人にとっていい方向に決まった。準決勝では、ラストで他艇の漕ぎ波の影響を受け通過ぎりぎりの3位にとなったが、見事に決勝進出を決める。




決勝での井上・川嶋



決勝では変に気負うことなく、思う存分漕ぐことを意識した。中盤に失速することを危惧し、序盤からピッチを上げすぎないようにしたというが、その分「中盤の伸びが足りなかった」(井上)。上位争いにこそ食い込めなかったものの、着実に順位を上げ7位でゴールした。



結果には満足していないというが、実はそれぞれ関カレでの決勝進出(シングル、ペア種目を通じて)は初だったという2人。今までは上位チームとの差をタイムを通してでしか図れなかったが、「どこまで足りないのか、体で感じることができた」(井上)と、大きな収穫も得た。

次戦はいよいよインカレだ。彼らが決勝に進んだのはもちろん、幸運でも偶然でもない。勝つべくして勝ち、結果を残した。抜群のチームワークで、全国でも勝利を狙え!(名倉幸)





☆主将・佐々木毅(文4)
――関カレ全体を振り返って
“成長”が実感できる試合だったと思っている。特にジュニアの成長は1番に見れた。女子ジュニアカヤックの2人も本当に(たくさん)点数を取ってきてくれた。(また今大会を通して、)今までにやってきたことのいい面と悪い面が見れたと思う。取りこぼしもすごく多かった。
――インカレに向けて
部として設定していた最大の目標である関西制覇はできなかったが、大きく全国制覇を目指していきたい。その中で、1番大事なのが気持ちづくり。一人一人が点数に貢献する、という気持ちが大切だと思う。

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について