同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 4年間の集大成(1):カヌー部
2020ムロオ関西大学ラグ...
2020ムロオ関西大学ラグ...
歓喜の瞬間
交流戦3連勝で終える
'20ルーキー特...
3人の絆
ラグビー特集号
'16秋季リーグ報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2020年10月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
4年間の集大成(1):カヌー部
2020/09/26 HEAD LINE NEWS

第56回全日本学生カヌー選手権大会 (2020年9月22日)

8月19~22日、木場潟カヌー競技場(石川県)にて行われた全日本学生カヌー選手権大会。京都府カヌースプリント選手権、関西学生カヌー選手権大会共に中止となり、新チームとして初めての大会となった。


1日目に行われたC-2 1000㍍決勝に出場した楽前(経3)と菊池(商2)。5着でレースを終えた。

共に1年生の時はジュニア部門でC-1 200㍍・500㍍の2タイトルで優勝を果たした選手だ。2人と同じく大学から競技を始めたペアが出場している日体大にライバルを絞り、レースに挑んだ。今年は予選がなく決勝一発勝負であったため、お互いの実力が分からない状態での戦い。 「とりあえずスタートしっかり出して、必死に食らいつく」(楽前)。序盤から拮抗した戦いを見せ、最後は約1秒差でライバルを制した。

最低限カナディアンとして隣のレーンに勝ててよかった、と菊池は振り返り、楽前も満足している、と語る。限られた練習時間の中で、着実に結果に繋ぐことができた。ジュニア部門で華々しい結果を残した彼らが、シニア部門でも戦える手応えを掴んだ。

レース中の楽前(左)・菊池(右)



2日目に行われた、昨年創部史上初の優勝を果たしたWK-4 500㍍種目。今年のメンバーは去年の優勝を経験した埋金(スポ4)と佐藤(スポ3)、そして吉見(スポ4)と山田(GR3)だ。

レース前は『楽しむ』ことを忘れないよう意識した。「緊張したけど楽しみではあった」(山田)、「みんなのレースをみて高まりはあった」(吉見)と程よい緊張感を持ちつつ、前向きな気持ちでレースに挑んだ。しかしスタートダッシュで遅れをとり、持ち前の伸びをなかなか活かせなかった。埋金は、スピードの乗りが悪くて心の余裕がなくなったと振り返り、3位でレースを終えた。

4人で力を合わせて漕ぐ



WK-1 500㍍種目にも出場した佐藤。昨年の埋金とのペアでの優勝やフォアでの史上初優勝など、女子カヤック部門に大きく貢献し同志社カヌー部にいなくてはならない存在だ。

朝一で行われた予選では堂々とした漕ぎをみせ、ぶっちぎりの1位通過で決勝へと駒を進めた。決勝前に行われたWK-4(フォア)でも500㍍を漕ぎきり、疲れも残る中迎えた決勝。「(フォアの結果に対して)悔しいっていう思いが強くて、でもそれを引きずったらいけない」と気持ちを切り替えレースに挑んだ。

序盤から先頭につき、安定した漕ぎを見せた。しかし他大選手もそう簡単に1位を譲らない。終盤にかけ徐々に差を詰められ、2位の艇とほぼ同時にゴール。レース後に公式タイムが発表され、佐藤の優勝が確定した。「(タイムがでるまで)自信がなくて不安だったけど、優勝できてほっとしました」。最後まで力強く漕ぎ、堂々の優勝を果たした。


圧巻の漕ぎを見せた


新型コロナウイルスの影響に加え、数ヶ月間にわたる教育実習があり満足に練習ができなかった佐藤。大会の数日前までチームを離れ、地元の出身校で1人で練習を行った。「心細かったです。久しぶりにみんなに会えて本当に嬉しいです」。普段から仲が良く切磋琢磨しあうカヌー部部員にとって、仲間の存在は大きい。不安があったけど結果で安心しました、と笑顔で語った。どんな環境におかれても最大限の努力をし結果をだす姿は、彼女の選手としての強さを感じさせた。学生として最後の大会である来年に向け、更なる進化を遂げるに違いない。



同じく2日目、WK-2 500㍍決勝に出場した冨尾(商2)・中嶋(スポ2)ペア。昨年、ジュニア部門の同種目で全国優勝を果たした期待のペアだ。

2人と同じく大学から競技を始めたペアに勝つと意気込み、レースに挑んだ。

200㍍時点で中嶋がパドルを止めてしまうトラブルがあったものの、後半は切り替えることができた。彼女たちらしい息のあった漕ぎをみせ、全体7位でレースを終えた。

ライバルとしていたペアにも5秒の差をつけ勝利し、目標を達成することができた。しかし満足していると語りつつも、6位の艇に3秒差で負けたことに悔しさを見せた。「次の目標はそのペアになる(冨尾)」と早くも次の戦いを見据えた。

レース中の冨尾(左)・中嶋(右)

レース終了後、笑顔を見せる2人


今大会は、2人にとって競技経験者と戦う初めてのレース。しかし雰囲気に呑まれる事はなかったと中嶋は語る。お互いを信頼し自分たちの力を信じているからこそ、強い気持ちでレースに挑むことができたのだろう。

「ジュニアあがりとは言わせない」。来年も2人でペア種目に出場予定だ。持ち前の明るさと強さを盛大に発揮し、今後も女子カヤック部門を活気づけるに違いない。(福田千乃)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について