同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 先制点挙げるも無念の3連敗:アメリカンフットボール部
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
関東の壁高し
敗北を力に変えて
'19秋の展望「...
'19秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年10月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
先制点挙げるも無念の3連敗:アメリカンフットボール部
2019/09/22 HEAD LINE NEWS

2019関西学生アメリカンフットボールリーグDiv.1 (2019年9月22日)

9月22日、EXPO FLASH FIELD(大阪府)で行われた2019関西学生アメリカンフットボールリーグDiv.1第3節。同志社は関大と対戦し、7-19で敗れた。この結果、リーグ通算成績を3敗とした。


強風が吹き荒れる中で行われた今試合。同志社のキックオフで試合は始まった。最初の関大の攻撃を抑えると、逆風にあおられ相手パントがあまり伸びず。フィールド中央付近と好位置からのシリーズとなる。まずは石田(商1)から大山(スポ2)へのパスで第1ダウンを獲得すると、鳥山(理工4)、幹田(スポ2)らのランで前進。すると第3ダウン、石田から毛綿谷(スポ4)へのスイングパスがヒットし大きくゲイン。先制点を挙げた。



約30㍎を走り切り先制点を挙げた毛綿谷



好スタートを切った同志社だったが、続く2度目の攻撃で大槻(商4)がフィールドゴールを失敗。返しの攻撃では相手QBに約70㍎のパスを通され、試合を振り出しに戻された。その後は互いに拮抗した展開が続き、7-7の同点で前半を終えた。



リターンする松本(スポ3)



勝負の後半。強風のため蹴りなおされたキックオフを松本がリターン。前半とは打って変わってRBのランがあまり進まない展開に。それでも南竹(心理4)から大山へのパスで第1ダウンを更新。代わった石田の左サイドを突くキーププレーで再度第1ダウンを更新し、敵陣へと侵入する。しかしその後相手守備に抑え込まれ、パントとなった。続く関大攻撃では自陣深くまで攻め込まれたが、守備陣の素早い集まりで第4ダウンへ。失点を3点にとどめ、反撃の機会を待った。



相手RBを止めるDLたち


この日ランアフターキャッチで活躍を見せた大山



ところが直後の攻撃、2プレー目で毛綿谷へ投げた高めのパスを奪取され、再び相手の攻撃へ。ランプレーでじりじりと攻められ、フィールドゴールによる得点を許した。逆転したい状況だったが、続く相手のキックオフが高く上がるとバウンドし、関大がリカバー。攻撃権を奪われた。なんとか無失点に抑えたが、続く攻撃で再びインターセプトを喫する。ランで攻め込まれると、苦しい追加点を献上した。以降の攻撃でも思うように攻めることができず。最終スコア7-19で試合を終えた。



試合終盤の攻防



「悔しい」(笹尾・商4)。開口一番、主将は後悔の言葉を漏らした。前半は攻守ともに流れに乗っていたが、後半からは相手にうまく対応された。先制点を挙げ、勝利の光が見えていただけに惜しい敗戦となった。



ハンターのように狙いを定める笹尾



その一方で良かった点も。試合終盤の関大攻撃ではゴール前まで攻められたが、タッチダウンを許さなかった。「ああいう『勝ち切る』ためのプレーが試合を通してできたら」と次戦以降に向けた展望も見えた。次の相手となる近大は、主将の笹尾にとっても特別な存在だ。「勝ちます。死んでも勝ちます」。闘志を燃やし、近大を駆逐する。

【文・上野孝輔、撮影・中島右京、松村学】


〇リーグ通算成績〇

0勝3敗

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について