同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 近大に勝利し、今季初白星:アメリカンフットボール部
SO戦制し大勝利!【陸上ホ...
籠谷、関カレ連覇!
吉田治寛・山中一輝
‘20ルーキー特集:ラクロ...
ラグビー特集号
'16秋季リーグ報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2020年12月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
近大に勝利し、今季初白星:アメリカンフットボール部
2020/11/07 HEAD LINE NEWS

2020関西学生アメリカンフットボールリーグDiv1トーナメント (2020年11月7日)

11月7日、王子スタジアム(兵庫県)で行われた2020関西学生アメリカンフットボールリーグDiv.1トーナメント2回戦。同志社は近大と対戦し、17-0で今季初勝利を収めた。



試合前の様子



好スタートを切った。同志社のリターンで試合が始まると、RB田口(商3)の力強いランやWR大山(スポ3)へのパスによりゲインを重ね、ゴール付近へ。K高本(法1)によるFGが決まり、先制点を得た。



ハイタッチをする奥(商2)



その後もQB石田(商2)と太田(GR3)によるリズムの良い攻撃でゲームを支配する。石田から丹澤(商3)へのロングパスを決め、ランとパスを混ぜた攻撃でゴール前まで前進。最後はRB奥が空いた穴を見逃さず、そのまま突き進みTD(タッチダウン)を獲得した。これに勢いづいたオフェンス陣は再びゲインを重ねる。2度目の奥のTDにより、試合を17-0で折り返した。



QBサックをする富田(スポ3)



後半では互いに攻めきれない展開が続く。同志社はゴール付近までボールを運び、FGを試みるも失敗。続く守備ではLB坂本(法4)のQBサックやDB陣による好守備により、相手の攻撃を止め続けた。そのまま近大に点数を奪われることなく、試合終了。今季初勝利となった。



指示をする竹田(理工4)



近大に勝利したため、最終戦の対戦相手は京大に決まった。「勝ちという大きな財産を得られた。やることは変わらず、高いレベルで次の京大戦を迎えたい」(竹田)。関学大戦で露呈したミスの改善が今回の勝利に繋がったに違いない。京大戦まであと3週間。最終戦での勝利をつかむべく、調整しつつ再び練習に励み続ける。【文責・松村学、撮影・内藤界】


得点経過

第1Q 同3-0近

第2Q 同14-0近

第3Q 同0-0近

第4Q 同0-0近

計 同志社17-0近大

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について