同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 手応え感じた関西インカレ:弓道部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
手応え感じた関西インカレ:弓道部
2017/07/05 HEAD LINE NEWS

関西学生弓道選手権大会 (2017年6月10日)

69.10日にかけて行われた第61回関西学生弓道選手権大会。

同志社からは団体戦女子AB、男子ABと合計4チームが出場した。

団体戦では男子Bチームが決勝トーナメント進出。

メンバーは梶浦(商2)平林(理3)池田(理3)山本(スポ4)松本(商2)

個人では男子個人の部で平林が5位で入賞した。



1日目男女団体の予選が行われた。

午前の女子Aチームから始まり長丁場の試合。

関西の大学が多く集まり、会場は常に緊張感で張り詰めていた。



女子はAチーム6中、Bチーム7中と共に納得のいく結果が出せず決勝トーナメントを逃した。

惜しくも予選敗退した女子Bチーム



午後になり、男子Aチーム。順調に的中を伸ばすも9中と好成績とは言えない。

そして同志社の最後の団体男子Bチーム。



大前の梶浦から順に弓をひく。メンバー5人全員が1回目を的中させ順調なスタートを切った。

そのままの流れで2回目。梶浦が外すも他4人が見事な的中を見せた。3回目、4回目と丁寧な試合運びを見せ見事16中。

中でも池田が皆中。他の4人梶浦、平林、山本、松本も的中外すのを1回に抑えることができた。

予選の段階で暫定2位の好成績を残した。


16中と好成績を残した男子Bチーム


「正直、実感がわきません」

と、副将であり今大会、落前の山本。

近年、団体戦で予選通過をすることも難しく、予選敗退が続いていた同志社に新しい風が吹いた。



2日目の団体戦決勝トーナメント。

1戦目の相手は天理大学Bチーム。


結果は16中対12中で同志社の敗退が決まった。

12中は2回戦に進出してもおかしくない数ではあったが、天理大の圧倒的な強さに負けてしまった。

「(弓を)引きやすい雰囲気ではありました。上級生がもう少し頑張って16中を抑えたかったです」と平林。

今回はチーム練習の時間が十分に取れなかったことが敗因ではないかと話す。

落ち着いて弓を引く平林


近年大きな大会での成績を残すことができず、不調続きかと思われていた同志社弓道部。昨年は男子3部降格と厳しい結果でリーグを終えた。

しかし今年度は個人で平林が入賞、好成績で男子団体決勝リーグ出場と昨年度とは一味違う。

このままの勢いで秋リーグ男子2部昇格を果たしてほしい。

(高安美里)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について