同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 全国大会出場へあと一歩届かず:ゴルフ部
全日本学生RCS第4戦白馬...
'18ルーキー特...
'18ルーキー特...
目標に向けた各々の戦い
新顔健闘!西日本でもV連発
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年6月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
全国大会出場へあと一歩届かず:ゴルフ部
2018/06/07 HEAD LINE NEWS

関西学生男子春季1部学校対抗戦 (2018年6月4日)

6月4日から5日にかけて宝塚ゴルフ倶楽部(兵庫県)にて行われた関西学生春季1部学校対抗戦。同志社からは迫田(文情3)、中村(社4)、奥河(スポ2)、高橋(スポ1)、生源寺(商2)の5人が出場した。このうち上位4人のスコアの合計で競う。


1日目は36ホールで合計583ストローク。7校中4位についた。全国大会出場には1部リーグで4位以内に入ることが条件だった。「全国だけでなく上位に食い込む気持ちで」(迫田)臨んだ2日目。迫田の勢いあるスイングでスタート。続けて中村、奥河、高橋、生源寺が順にスタートを切った。OUTコースは3位と1打差まで迫り、順調な滑り出しに見えた。


主将の迫田(文情3)


2年生エースの生源寺(商2)


ラストイヤーの中村(社4)


しかし、INコースではOUTコースでの調子を保てなかった。各々が思い通りのスコアで回れず、苦戦した。結果2日目は18ホールで合計296ストローク。2日間を合計して879ストロークで5位となった。甲南大学にわずか3打差で逆転され、全国大会出場を逃した。迫田は「悔しいという気持ちしかない。」と悔しさを露わにした。「リーグ戦は団体戦なので、自分の調子どうこう関係なしにスコアをまとめれるようにしたい。」とルーキーの高橋は試合を振り返った。



今年の目標としていた全国大会出場へ惜しくもあと一歩届かず、悔しさの残る結果となった。今大会での経験をバネとし、秋季の団体戦では更なる成長に期待したい。(鈴木葉)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について