同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 連敗ストップ!初戦ぶりの勝利!:サッカー部
全日本学生RCS第4戦白馬...
'18ルーキー特...
'18ルーキー特...
目標に向けた各々の戦い
新顔健闘!西日本でもV連発
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年6月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
連敗ストップ!初戦ぶりの勝利!:サッカー部
2018/06/14 HEAD LINE NEWS

関西学生女子サッカー春季リーグ2部順位決定トーナメント (2018年6月10日)

6月10日にびわこ成蹊スポーツ大学グラウンドにて行われた関西学生女子サッカー春季リーグ2部順位決定トーナメント。京都文教大との一戦で同志社は2-1と接戦を制した。

リーグ戦通算成績1勝3敗と、試合を重ねるごとに内容は改善してきたがここまで3連敗を喫し、士気が下がっていた。その中で久々に得た待望の勝ち点。今節から順位決定戦に突入し、この勝利は昨年の6位を越える一歩に繋がった。


スターティングメンバー


前節は怪我で離脱していた竹田(文情1)と横山(スポ3)が共に復活。メンバーを揃えて挑んだ。前半4分に早くも訪れたフリーキックのチャンス。モリー(文4)が直接ゴールを狙うもボールは右に反れ、先制点とはならなかった。同14分、相手に左サイドからワンツーで合わせられシュートを放たれる。ここはキーパーの正面で不動(スポ3)がしっかりセーブした。そして直後のゴールキックから試合が動いた。竹田がボールを持つと、右サイドから一気にドリブルで駆け上がる。すかさず鈴木(スポ2)が逆サイドから抜け出し、合わせて竹田がクロスをあげた。しかしそれを阻もうと間に入った相手DFのクリアミスによりオウンゴール。先制点を奪取した。その後は両者譲らず激しい攻防が続く。バイタルエリアを支配される場面も多く、同22分、33分にもシュートを打たれるが体を張ったディフェンスで得点を許さなかった。


相手の攻撃に食らいつく池田葵(文1)


後半は開始直後に抜け出され、キーパーと11のピンチ。不動は冷静な判断でシュートコースを見極め、ボールを腕の中に収めた。途中、渡辺(スポ4)が相手FWとの競り合いで負傷。一時退場し10人で試合続行となったが、空いた部分は竹田がカバーした。迎えた同15分。相手のトラップミスからペナルティエリアで竹田にボールが渡る。DF4人に囲まれるも、持ち味の強い体幹と突破力でキーパーと11に持ち込む。シュートはネット左に見事突き刺さり追加点を決めた。同時にチーム内から喜びの声があがる。今シーズン初の両手ガッツポーズも飛び出した。しかし同30分、相手のショートコーナーからマークが遅れてしまい、バイタルエリアから豪快なミドルシュートを放たれた。ボールはネット右上に吸い込まれていき、2-11点を返された。同33分に再びピンチを迎える。同志社のファールでペナルティエリア手前からのフリーキックを与えてしまった。会場全体に緊張が走る。蹴り出されたボールは一直線にゴールへ向かったが、不動がうまく手で弾きキャッチした。「失点しても全員が前を向けていた」。最後まで気を抜かずリードを守ったまま試合終了のホイッスルが響き渡り、勝利を確定させた。


ゴールを決め、ガッツポーズをして喜ぶ竹田


試合が終了し、笑顔を見せる選手たち


「内容的には相手がかなり上回っていた」と監督が言うように、ミドルレンジを支配される時間は圧倒的に長かった。しかし守備でMFの1年生コンビ、池田葵と平本(文1)が中盤エリアで運動量を存分に発揮。今まで徹底できていたものを上回る動きだった。さらにDFラインからオープンスペースに蹴り込むロングボールを使った攻撃展開が機能し、打開することができた。

今週末、ついに今シーズンの成績が決まる重要な一戦を迎える。昨年の成績を越えるためには絶対に負けられない。「勝利」だけを見つめ、京教大との最終戦に挑む。(酒井華奈)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について