同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 初戦敗北で悔しさ残る[サッカー部女子]:サッカー部
関西大学ラグビーAリーグ
関西大学ラグビーAリーグ
インカレに向け好発進
ジュニア部門優勝
'19夏の展望「...
'19夏の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年8月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
初戦敗北で悔しさ残る[サッカー部女子]:サッカー部
2019/05/11 HEAD LINE NEWS

関西学生女子サッカー春季リーグ2部 (2019年5月5日)

5月5日に同志社大学京田辺グラウンド(京都府)にて行われた、関西学生女子サッカー春季リーグ2部第1節。大教大と対戦し、0-2で敗北を喫した。

スタメンには今季注目の福田(GR3)が約1年ぶりに復帰。また今年度入部の吉川(スポ2)、岸田(GC1)がMFとしてリーグ戦初先発を果たした。


スターティングメンバー


新たなチームで臨んだ初戦。「守備がメインで引き気味になってしまった」(不動)。大教大の勢いに圧倒され、押し込まれる状況が続く。何度もゴールを狙われるがDF陣がしっかり対応し、危ない場面を切り抜けた。しかし前半16分、ゴール真横から打たれたボールがラインを超え、先制点を許した。何とか1点を取り返そうとボランチの福田を中心に攻撃を試みるが、低い位置からのスタートで敵陣まで運ぶことができず。0-1で前半を折り返した。


攻撃を仕掛ける福田


後半は劣勢を打破するためポジションを変更。「勝ちたい」という想いは強かった。それによりボールを失わず攻撃に持ち込める時間が増えた。CBからトップにあがった鈴木(スポ3)にボールを集める。だが、パスのタイミングや足元のミスもあり決定的チャンスを作り出せない。さらに追加点を決められ痛い初戦黒星となった。


ゴールに迫る鈴木


課題は「どうボールを前進させるか」(監督)。無理にボールを繋ぐのではなく、全員が周りの状況を認識して動くことが必要だ。安定した守備に攻撃力が加わればチームとして確実なステップアップとなる。上位トーナメントという目標に向けて、もう1戦も落とせない。初戦を落とした悔しさをはねのけるためにも目の前の試合だけに集中し、次戦は勝ち点3を取りに行く。(酒井華奈)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について