同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 昨年のリベンジ果たせず、2回戦敗退[サッカー部女子]:サッカー部
今季初の大会も本領発揮できず
チームプレーで大量得点【陸...
吉田治寛・山中一輝
‘20ルーキー特集:ラクロ...
ラグビー特集号
'16秋季リーグ報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2020年12月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
昨年のリベンジ果たせず、2回戦敗退[サッカー部女子]:サッカー部
2020/09/29 HEAD LINE NEWS

第49回関西女子サッカー選手権大会 兼 皇后杯JFA第42回全日本女子サッカー選手権大会関西大会 (2020年9月27日)

9月27日に、神戸LFC(兵庫県)にて第49回関西女子サッカー選手権大会 兼 皇后杯JFA第42回全日本女子サッカー選手権大会関西大会2回戦が行われた。同志社は日ノ本学園高等学校と対戦し、0-10で敗北を喫した。



整列する選手たち



日ノ本学園高等学校とは、1年前にも同じ会場で対戦し、0-6で敗北している。昨年のリベンジを果たすべく、今試合に臨んだ。

個の力だけでなく組織としても強い名門校相手に、試合開始直後から足元の技術や球際の強さに翻弄(ほんろう)された。いつもより守備にかける人数を増やして挑んだが、マークの受け渡しなどがうまくいかず、相手の攻撃を止められない。

前半8分、ゴール前でボールを持った相手選手が、スペースの空いていた右サイドの選手にパスを出し、シュートを放たれゴール。守備の乱れから、早い時間帯に先制点を奪われた。その後も相手ペースで試合が進む。



ボールを保持する池田葵(文2)



しかし22分、吉川がドリブルで駆け上がり、1本目のシュートを放つ。そして27分にも、ゴール前でボールを持った吉川が豪快なシュートを放った。シュートは惜しくも枠の左に外れたが、果敢にゴールに向かう姿勢が見られた。この時の場面を振り返り、チームの指揮をとる浅野コーチは「惜しいチャンスを作ったっていうのは、これからに向けてもいいのかな」とコメント。1人1人の高い意識が、積極的なプレーにつながった。その後はなかなかチャンスを作れず、前半0-4で試合を折り返す。



積極的にシュートを放った吉川(スポ3)



後半に入ると徐々に体力を奪われ、球際の弱さなども露呈し、前半よりもさらに苦戦を強いられた。切り替える間もなく短いスパンで失点を重ね、チャンスを作り出せなかった。最後まで相手の勢いを封じることができず、0-10で試合終了。昨年の結果を塗り替えることができなかった。



失点シーン



試合後、主将の福田(GC4)は、「去年よりはもっと成長してるかなと思ってたんですけど…」と、苦し紛れに話した。強豪校相手に守りを固めて挑んだが、相手は想像以上だった。今大会での経験を糧に、チームはさらなるレベルアップを目指す。(文貴・山口萌恵子、写真・野村大智)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について