同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > PK戦制し決勝戦へ[サッカー部女子]:サッカー部
第40回全日本学生剣道優勝大会
夏季結果号
男女ともに全日本出場決定!
SOもつれ込むも敗北喫す【...
'21ルーキー特...
'21ルーキー特...
「己の選んだ道を信じて挑戦...
'21 同立戦特集号
小栗成男氏が聖火を繋ぎました!
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2021年9月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PK戦制し決勝戦へ[サッカー部女子]:サッカー部
2021/07/25 HEAD LINE NEWS

京都FAカップ2021第17回京都女子サッカー選手権大会 兼 第43回皇后杯全日本女子サッカー選手権京都府大会 (2021年7月25日)

7月25日に西京極総合運動公園補助競技場(京都府)で、京都FAカップ2021第17回京都女子サッカー選手権大会 兼 第43回皇后杯全日本女子サッカー選手権京都府大会準決勝が行われた。同志社は京都紫光サッカークラブと対戦。0-0からのPK戦を4-3で制し、来週行われる決勝戦へと駒を進めた。



スターティングメンバー



前半は同志社にチャンスの場面が多かった。

前半12分、吉川(スポ4)の右からのクロスにゴール前の木村(経3)が反応し、木村からボールを受けた川田(法2)がシュート。枠を捉えることはできなかったが、クロスから良い形でフィニッシュまでいけたことは収穫となった。同15分、吉川がドリブルでゴール前までボールを運びシュートを放つも、相手DFに阻まれる。その後も同志社は何度もチャンスを作ったが、得点は奪えず。スコアレスで前半を折り返す。



積極的にゴールを狙った吉川



後半は立ち上がりから相手に主導権を握られる。後半1分、早くもシュートを浴びるもGK池田夏(法4)が冷静にキャッチ。同11分に竹田(文情4)、増田(スポ4)を投入し、流れを変えようと試みる。しかし、なかなか相手の勢いを止めることができない。


終了間際には相手の猛攻に苦しんだ。何度もシュートを放たれたが、同志社は粘り強い守備で相手の攻撃を封じた。0-0で60分を終え、試合はPK戦へ。



円陣を組むチーム同志社



「みんなを信頼していたので、落ち着いてプレーできた」(池田夏)。相手の3人目と4人目のキッカーが大きく枠を外したのに対し、同志社は3人目までノーミス。4人目の岸田(GR3)のシュートがクロスバーに直撃し外れたものの、5人目の吉川が冷静に決め、見事勝利を収めた。



喜ぶ選手たち



「せっかくここまできたので、優勝して関西大会いきたいと思います。」(主将平本・文4)。カウンターや、粘り強い守備など、攻守両面で練習の成果を大いに発揮できた今試合。勢いこのまま突き進み、京都府王者の座を掴み取る。(文責・山口萌恵子、写真・齋藤栄里花)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について