同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 2年目のスタート:自転車競技部
第96回関西学生サッカーリ...
同女大らしさ魅せれず敗戦
近大に敗戦し暗雲立ち込める...
’18秋の展望「準硬式野球部」
'18秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年9月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
2年目のスタート:自転車競技部
2018/04/11 HEAD LINE NEWS

全日本学生TRS第1戦 (2018年4月8日)

4月8日に伊豆ベロドローム(静岡県)にて行われた全日本学生TRS第1戦。同志社からは中野(文情4)、末廣(商2)、島(政策2)が出場した。


今年のインカレの舞台で実力を見せつけた。この試合でベストタイムを出そうと意気込んでいた島。1kmTT(タイムトライアル)では、1’07.564でゴールし、見事自己ベストタイムを更新した。試合後、「まだまだスタートも完璧ではなく、後半も失速してしまった」と反省の弁を口にした。ベロドロームのトラックはスタート直後の傾斜がきつく、バランスをとるのが難しいとされている。自身の課題でもあるスタートを克服し、さらなる好タイムを目指す。



自己ベストを更新した島(政策2)



同学年の末廣も2種目に出場した。ケイリンではレース展開を考えながらの走行を意識した。「今回は考えて走ることに集中した」。予選、敗者復活ともに結果は3位。1/2決勝進出を逃したものの、最後の直線では競り合う場面も見られるなど、今後につながる走りを見せた。



相手と競り合う末廣(商2)



同志社のトラックチームを引っ張る2人。3月には学連主催のオーストラリア遠征選手に選ばれた。「競技に対する取り組み方や練習方法など選手として成長できたと思う」(島)。5月には西日本学生選手権トラック競技大会が行われる。インカレで表彰台に立つためにも、西日本の舞台では相手を圧倒してほしいところだ。彼らの進化にますます期待がかかる。(前淵文蕗)



試合結果
200mFTT
6位 末廣 Time 11.53
14位 中野 Time 13.92

1kmTT
6位 島 Time 1'07.564

ケイリン予選
第2組 島 7位
第3組 末廣 3位

ケイリン敗者復活
第1組 末廣 3位
第3組 島 6位

男子ポイントレースクラス3
中野 DNF

チャレンジサイクルロードレース 於・日本CSC 5kmサーキット
森(法3) DNF
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について