同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 松井、2冠達成:自転車競技部
2020ムロオ関西大学ラグ...
NHK杯準優勝も成長誓う
友野1位、森口2位と好成績!!
吉田治寛・山中一輝
‘20ルーキー特集:ラクロ...
ラグビー特集号
'16秋季リーグ報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2020年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
松井、2冠達成:自転車競技部
2020/09/16 HEAD LINE NEWS

2020 全日本学生トラック自転車競技大会 (2020年9月13日)

2020 全日本学生トラック自転車競技大会が9月12日から13日にかけて、泉崎国際サイクルスタジアム(福島県)で行われた。同志社からは飯田(文1)、天野(商1)、松井(スポ3)、入部(商3)、道城(法3)、島(政策4)、末廣(商4)が出場。松井が500mタイムトライアルとスプリント、2つの種目において優勝し2冠を達成した。



 表彰台に立つ松井



悪天候に見舞われた今大会、1日目は終日悪天候の可能性が高く、マスドスタート系の種目が中止となった。マスドスタート系種目であるスクラッチ、ポイントレースが中止となり、天野の大学のデビュー戦が持ち越されることとなった。「インカレでの優勝が目標のため、インカレに向けてまた頑張りたい」と日本一を目標に心機一転、練習に励む。

 

松井は1日目、女子500mタイムトライアル決勝に出場した。安定した力強い走りを観客に見せつけ1位に輝いた。続く2日目のスプリントでは、予選を1位通過。そのまま1/4決勝、1/2決勝においても、斜面を用いてスピードに乗り相手を突き放す。見事1位入賞し決勝へと進む。安定した走りを見せ続けついに決勝、終盤相手と競り合うも力を振り絞り1回戦、2回戦ともに1着となり、優勝した。2日続けて、2種目どちらも1位に輝き2冠達成。「2種目勝ててホッとした」(松井)。インカレ前、他大学に松井の強さを見せつける大会となった。

 


女子500mタイムトライアルとスプリントに出場した松井



島は1日目、男子1kmタイムトライアルに出場するも12着。悔しさが残る結果となった。「満足できる結果ではなかったが、久しぶりの試合を楽しんで走ることができた」とコロナウイルスの影響で試合の中止が相次ぐ中、大会ができることへの感謝の気持ちを感じた。

 


男子1kmタイムトライアル予選に出場した島



2日目先陣を切ったのは、主将・道城。男子スプリント予選に出場するも結果は11着だった。予選を突破することはできなかったが、自己ベストを0.3秒更新した。「昨年からの成長を感じることができた反面、全国入賞はもう一踏ん張り必要だと気づくことができた」(道城)。今大会は道城にとって自らの実力を知る良い機会となった。



 

男子スプリント予選に出場した道城



末廣は男子ケイリン予選に出場し、5着となり敗者復活戦へと進む。敗者復活戦では中盤追い上げるも相手を追い越すことができず惜しくも3着。決勝へと進むことはできなかった。「成績を残せる自信があったので、予選も上がることができない結果となってしまい情けない気持ちになった」と悔しさをにじませた。



 

男子ケイリン予選に出場した末廣



飯田、入部は男子マディソン予選にペアとして出場した。他大学の強敵たちの集団最後尾を維持するも徐々に離され、周回遅れとなりリタイアとなった。「様々な課題が見つかり、インカレに向けて少しでも課題を改善できるようにしていきたい」(飯田)。「競技生活が短くなってきたので結果を残したい」(入部)。両者ともに入賞することを目標に、日々の練習で課題改善に励む。



 

男子マディソン予選に出場した飯田



今回の大会は、種目を通して各々が自分の実力や課題を知ることができる良い機会となった。選手たちが目指すのはインカレでの優勝。目標に向かって課題を改善しながら日々尽力している。そして、次のインカレが4年生にとっては最後の大会。下級生は4年生を悔いなく送り出すために、4年生は笑顔で引退するために、それぞれが表彰台を目指し今日もペダルを強く踏む。(松村学)

 

◆全競技結果◆

◯女子500mタイムトライアル決勝

松井選手 1位入賞(37.45)


◯男子1kmタイムトライアル決勝(2)

島選手 12(1'07.280)


◯男子スプリント予選 

道城選手 11着(10.45)


◯女子スプリント予選

松井選手 1着(11.570)

→女子スプリント1/4決勝 1着

→女子スプリント1/2決勝 1着

→女子スプリント決勝 1着


◯男子ケイリン予選

末廣選手 5着

→敗者復活戦 3着


◯男子マディソン予選

飯田選手・入部選手 DNF

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について