同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 主将・松本惜しくもベスト8:柔道部
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
全カレで5人が入賞!
'19秋の展望「...
三浦凪・東田艇が女子イン優勝!
2019年度秋季リーグ開幕...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年9月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
主将・松本惜しくもベスト8:柔道部
2019/08/18 HEAD LINE NEWS

第38回関西学生柔道体重別選手権大会 (2019年8月11日)

811日に五條シダーアリーナ(奈良県)で行われた関西学生柔道体重別選手権大会。各大学の点数合計で全国団体の出場を決めたが、個人では主将・松本(社4)がベスト8と健闘するが関西学生の壁に阻まれ、全国を逃した。だが、団体戦での活躍は同志社の勝利のためには必要不可欠となるだろう。

  4回生にとって最後の個人戦となった今大会。主将・松本にとっては特に思い入れの強い大会だった。「めちゃめちゃ悔しいです」。松本が出場した90kg級で全国に行けるのは僅か、7人だった。1回戦から順調に勝ち進み、ベスト8進出を果たしたが、健闘むなしく全国出場を懸けた代表決定戦で惜しくも敗れてしまう。「ベスト8までの道のりが険しく、そこを乗り越えてほっとしてしまった」と気の緩みが敗因だと振り返った。しかし、まだ引退ではない。10月に尼崎で行われる全日本体重別団体に向けて気持ちを今一度引き締めて柔道人生の集大成を飾る。


相手の襟を捉える松本

同じく4回生の中山(理工4)。階級を1つ下げ、100級に出場した。初戦、受けに定評がある相手に、序盤から積極的な攻めを見せた。その結果、戦略が功を奏し、相手に指導3つを取らせ、勝利した。2回戦も快勝し、3回戦へと駒を進めた。左組みを得意とする中山は、1.2回戦と右組みが続いたため、腕に負担がかかっていた。「3回戦も右組みだったため、体力的にも厳しかった」と、ベスト16で関西の舞台を終えた。「今回の結果は悔しいが、後輩達も結構ベスト16いっている子がいるので今後に期待したい」と笑顔で話していた。


73kg級でベスト16となったのは村上(文3)。1回戦からGS(延長戦)で精神的・体力的に厳しい戦いを強いられた。勝利の決定打となったのは尊敬する先輩・松本に教わった技だった。相手が技を掛けてきたタイミングを見計らい、足を引っ掛けて見事に返すと、技ありで勝利した。2回戦、3回戦とも得意の背負い投げで快勝した。惜しくも全国進出を逃したが、「ベスト8行きたかったが、来年までの伸びしろだと思ってまた頑張りたい」と前向きに語った。入部時は柔道部の中で1番弱かったという村上。筋トレや練習を重ね、実力をつけてきた。来年は全国で輝かしい活躍を見せてくれるだろう。


組み合う村上


個人での全国出場は叶わなかったものの、10月には全日本団体を控える同志社柔道部。今大会の悔しさを糧に、団体戦での勝利をつかんでほしい。(雄島未来)


▷試合結果

[ベスト8]

90kg

松本健太郎(社4)


[ベスト16]

60kg

松田淳希(スポ1)

梶谷壮希(商1)

66kg

富原銀士(神1)

73kg

大野晃生(社2)

村上大樹(文3)

100kg

中山涼太(理工4)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について