同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 近畿大会出場権獲得:柔道部
「剣道部 小島利音・讃岐華...
試合に向けて
最後の戦い
インカレ終幕、生まれた覚悟
ラグビー特集号
'16秋季リーグ報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2020年7月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
近畿大会出場権獲得:柔道部
2020/02/13 HEAD LINE NEWS

第33回京都府柔道選手権大会 (2020年2月11日)

2月11日に武道センターで行われた第33回京都府柔道選手権大会。一部で吉村(法2)、二部で松田(スポ健1)が共にベスト8に輝いた。なお、吉村は3月1日に和歌山ビックウェーブで行われる近畿選手権に出場する。

同志社から男子一部に出場したのは8名。近畿大会に繋がる試合ということもあり、選手はみな緊張感のある面持ちだった。近畿大会への出場権を得た吉村は試合を振り返り今大会のカギとなった2回戦をあげた。今まで2度対戦して1勝1敗の相手であったため今後のために勝ち越す気持ちで試合の臨んだ。近畿大会に向けて「厳しい戦いになると思うが常にチャレンジャーという気持ちを忘れず戦いたい」と意気込んだ。

相手の襟をつかむ吉村

男子二部でベスト8入りを果たした松田。「段が上の選手にも投げて勝つことを意識した」。3回戦までの試合では自身が得意とする背負い投げで危なげなく勝ち抜きいた。迎えた4回戦、延長戦にもつれ込み返し技が有効となり惜しくもベスト8で敗北となった。松田は「これから段級別の試合が続くので階級が上の選手にも勝てるように練習に励みたい」と次の試合への意欲をみせた。

果敢に攻める松田


▷結果

一部

8位 吉村太一(法2)※近畿柔道選手権大会出場決定

二部

8位 松田淳希(スポ1)

16位 吉村卓也(法1)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について