同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 3位決定戦を制し、夏へ:ラグビー部
関西大学ラグビーAリーグ
関西大学ラグビーAリーグ
リベンジ果たせず[ハンドボ...
'19夏の展望「...
岡山大に6点差で圧勝
'19夏の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年8月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
3位決定戦を制し、夏へ:ラグビー部
2019/07/14 HEAD LINE NEWS

関西大学Aリーグ春季トーナメント (2019年7月14日)

714日、宝ヶ池球技場(京都府)で行われた関西大学Aリーグ春季トーナメント20193位決定戦。同志社は今季2度目の立命館大学と対戦し、35-19で勝利し、春シーズンを終えた。

 

曇天の中で始まった前半、立命大が優位にゲームを進めた。序盤から立命大にプレッシャーをかけられ同志社は圧倒された。ボールを保持するも、キックで外に蹴ることしかできなかった。前半8分、同志社のノットリリースザボールからピンチを招くが、CTB古城(スポ4)がタックルで死守。しかし、ディフェンス裏を狙われたキックパスをカバーするも反則を取られる。自陣インゴール前の立命大ファーストスクラムで渾身の一押しを見せるも、左サイドの空いたスペースに走り込まれ先制を許した(0-5)。

 

その後もノックオンなどで陣地を奪いきれない時間が続く。反対にキックでエリア奪取する立命大に、またもや得点を許す。自陣22mでの相手ボールラインアウトモールから立命大のフッカーが突進。WTB原田(心理4)がアタックに入るも届かず、追加点を献上した(0-12)。


モールで押し合うFW陣

 

前半15分、遂に反撃の時が訪れたかと思われた。NO8服部が(スポ4)が持ち味のボールキャリーで相手を振り切る。フェーズを重ねながらFL大熊(3)、原田が続いてゲイン、中央付近にいたSO桑山(政策3)FL嶋﨑(4)につなぐ。敵陣5mまで攻め入るもノックオンで攻守交代、なかなか主導権を握ることができない。その後も集まりの早い立命大ディフェンスに悪戦苦闘を強いられた。前半26分にはFB谷川(スポ2)がシンビンにより10分間の退場となり、不穏なムードが漂う。その不安は的中した。直後、自陣22m立命大ラインアウトから中央へ展開される。ディフェンス裏に放たれたキックパスが通り、トライを献上(0-19)。


突破する服部

 

雨が強く降り出しはじめるも、やられっぱなしで終わるわけにはいかなかった。前半35分、敵陣22mマイボールラインアウトになり、ブレイクダウンからの連続攻撃で立命大を襲った。FW陣の体を張ったプレーが功を奏し、FW力がトライに結びついた(7-19)。前半終了間際には、敵陣深くのマイボールスクラムからSH人羅(3)がボールを取り出し、走り込んできたCTB江金(4)にボールを預け、インゴールを突き破った(14-19)。土壇場で点差を縮め、後半へ望みをつないだ。


ボールを受けて走る江金

 

後半からは同志社ラグビーが息を吹き返した。後半3分、敵陣5m付近でのマイボールラインアウトからモールを形成。ずるずると前へ進むと、最後はモールの後ろからHO橋本(商4)が飛び出し、グラウンディング。逆転に成功した(21-19)。


同志社ボールのラインアウト

 

その後は点差が動かず、停滞した時間が続いた。降りしきる雨の中、お互いハンドリングエラーを多発し攻守が頻繁に交代。両者共に22m付近まで攻め入るも、それ以上のエリア獲得にはつながらず。同志社も途中出場の木原(スポ2)や佐久間(政策4)がゲインし、活躍を見せるもただ時間だけが経過していった。

 

この膠着状態を打破したのは古城だった。「ギャンブルプレーで仕掛け、それが結果として出た」(古城)。後半31分、立命大がこぼした球を古城が素早く走り込み、競り合いの中インゴールでボールを抑えた。ゲームキャプテン自らの手で点差を引き離した(28-19)。

後半終了間際には立命大のノックオンから、同志社は連続攻撃を仕掛ける。接点の攻防から7フェーズ重ね、最後はLO堀部(4)が相手ディフェンスを破壊し、ボールをねじ込んだ。とどめの一発を決めたところでノーサイドとなった。


活躍を見せた古城

 

キャプテンの山本が怪我で不在の中、春シーズンを締めくくる大きな1勝をもぎ取った。「勝利も敗北も味わったので、どうやったら勝つマインドにもって行くことが出来るのかを全員が見え始めたシーズンだった」(主将・山本)。シーズンが終わり、次は夏合宿だ。秋までに完成させたチームを作り上げ、今年こそは選手権の舞台へ。合宿でより一層、磨きをかけ京田辺に帰ってきてほしい。【文責:川田翼、撮影:上野孝輔・内藤界】

 

 

【選手コメント】

主将・山本雄貴(4)

――本試合をいつもとは違う視点で見て感じたこと

今シーズン3連敗し、チームとしてはすごく苦しい状況で今日の試合を迎えました。3トライを取られた後に気持ちを立て直し、点を取り返すことで試合の流れを作ることが出来た。そういった面で、とても意味のある試合でした。

 

――春シーズンの総括

勝利も敗北も味わったので、どうやったら勝つマインドにもって行くことが出来るのかを全員が見え始めたシーズンでした。規律の面でも、徐々に変わっていることを成果として見ることが出来るタイミングが多かったのでそういった所でもチームの変化が見られたシーズンでもありました。

 

――思い描いていたイメージと現状の比較

一筋縄には行かなかったですが、苦難を乗り越えて自分の想像を超えるチームになっていると思います。

 

――夏と秋シーズンに向けて

今年は、ワールドカップの関係で秋シーズンの開幕が例年に比べてはやくなるので、自分たちが挑戦者であるマインドを忘れずに夏合宿と、そこで行われる数試合を経て開幕までに自分たちのチーム力をあげていきたいと思います。

 

 

ゲームキャプテン・古城隼人(スポ4)

――今日の試合の総括

キャプテン不在の中、今日を迎える前の3試合連続で負けていて、チームとして悪い雰囲気が続いていました。ここでそれを断ち切ろうというマインドで、オフが開けて2週間準備してやってきたことが今日出せました。

 

――秋につながる大事な試合だったと思うが、どのような気持ちで今試合に挑んだか

開幕まで時間がない中、自分も復帰戦でチームに迷惑をかけた分を取り返す気持ちでやってきました。チームとしても、この2週間ハードワークで今日勝つためにやってきました。

 

――序盤を立命大に押された原因

試合感というところで、試合をする期間が空いたので、最初みんなの動きが固かった。汗と雨でスリッピーな状態だったので、ハンドリングエラーなどのミスが多かったです。いつも通りの自分たちが出せていませんでした

 

――逆に後半は巻き返しがあったが、その時にどのような戦略をチーム内で話していたか

ディフェンスとしてはやられている気持ちはなかったので、ディフェンスをうまく継続しようとしました。それと上にボールを上げるスカイアタックを準備してやってきていたので、相手にやり返せました。雨でスリッピーな状態だったので有効に効きました。

 

――自身のトライを決めた感想

取らないといけない場面だったので、ギャンブルのプレーで仕掛けて、それが結果として出たことがすごく嬉しいです。

 

――今日の試合の反省・課題、また秋にその課題をどうつなげたいか

今日の試合は入りが悪かった。まずは入りをしっかりさせるというマインドセットの部分、そして自分たちがやってきたことを信じてやるだけだと思います。後1ヶ月半あるが、立命館大学さんとも対戦するし、負けられない試合が続くので、この夏しっかりアタックもディフェンスも突き詰めて4回生中心にやっていきたいです。

 

――夏合宿に向けての意気込み

今年は開幕が早くて8月末から始まります。夏でチームを完成させないと選手権日本一は見えてこないと思うので、夏合宿の試合を全力でやって田辺に帰ってきます。開幕まで100%いい準備をしていきたいです。

 


副将・服部綾(スポ4)

――本試合を振り返って

最初のキックオフでミスしてしまったことで、立ち上がりの雰囲気はあまり良くなかったですが技術的には十分に戦える相手だと思っていたのでそこまでの気持ちの焦りはなく冷静なプレーをすることが出来ました。

 

――自身のプレーを振り返って

自分自身の課題が、ハイボールとタックルだったのでボールキャリーの部分で普段通り積極的に前に出ることが出来ました。また、ハイボールの時に良いキャッチをすることが出来たので個人的に課題を克服することができ手応えを感じました。

 

――今季の総括

今季3連敗してしまったのですが、一度負けた相手にはもう負けないという強いマインドを持って夏合宿と秋リーグに挑みたいと思っています。今シーズン最終戦、前半負けていた状況で巻き返して勝利を収められたことはチームにとって一番いい経験となったと思います。

 

――FW全体の課題

ラインアウトの獲得率は問題ないと思います。ただし、相手ディフェンスに競りに行くシーンでもう少し前に出る力が必要だと感じました。また、モールでも差し込まれる部分があったのでまだまだ改善の余地があると思います。

 


人羅奎太郎(社3)

――今日の試合を通して

前半FWが頑張ってくれたのですが、BKがうまく連携を取れず、自分らの流れに持っていけることができなかったところが課題として出てきました。

 

――SHとして意識していたこと

流れが相手に傾いても冷静にプレーし、周りを活かすプレーを意識していました。

 

――雨でハンドリングエラーやノックオンが目立っていましたがどのように自分のプレーを継続し続けていましたか

パス回数増えるとミス多くなるので、パス回数をなるべく減らしたり、パスの距離を短くしたり落ち着いて確実なプレーをすることを意識していました。指示をするところで自分の強みを活かせたと思います。

 

――SHとしての反省点

前半序盤で敵陣に入った時トライを取りきれず、ハーフライン付近でミスが多く、それを乗り切るところで流れを掴めず活かせなかった点です。

 

――SHとして出場し続けるために意識していること

自分の強みの判断力とキックなのでそこの部分の強みを上げて、まだ課題であるタックルの部分をしっかり練習で積み上げ、さらなる強みを目指しています。

 

――合宿に向けて

合宿はハードなスケジュールでしんどくなると思うが、自分のやるべきことをしっかり実行して秋につなげたいです。

 

――秋シーズンに向けて

入学してから秋シーズンで勝ててないので、今までの経験を活かして今年こそ選手権に出場したいです。

 

 

【スターティングメンバー】

1.田中翔(経4)

2.橋本一真(商4)

3.栗原勘之(経3)

4.堀部直壮(社4)

5.平澤輝龍(神4)

6.大熊陽介(商3)

7.嶋﨑晴也(神4)

8.服部綾(スポ4)

9.人羅奎太郞(社3)

10.桑山太一(政策3)

11.西村高雅(法2)

12.古城隼人(スポ4)

13.江金駿(経4)

14.原田健司(心理4)

15.谷川司(スポ2)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について