同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > セットプレー優位に立てず:ラグビー部
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
悔しさ滲む、まさかの敗北
笹尾組 涙のVで1部残留
第1回 時國隼輔
'19秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年12月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
セットプレー優位に立てず:ラグビー部
2019/11/11 HEAD LINE NEWS

2019ムロオ関西大学ラグビーAリーグ (2019年11月10日)

11月10日に神戸総合運動公園ユニバー記念球技場(兵庫県)で行われた2019ムロオ関西大学ラグビーAリーグ第5節、対京産大。前日の結果を受け、選手権出場は確定していたものの、19-27で敗北。連勝は4でストップした。


同志社の整列


前半の試合展開は異様であった。序盤からスクラムに時間を多く取られ、試合が進まない。ラグビーの醍醐味である「展開」が全く見られなかった。


FWに定評のある京産大に対し、前半4分、同志社のファーストスクラムでスクラムホイール。京産大の武器をいきなり破壊したように思えた。


だが同5分、同志社のノックオンから組まれた自陣22mライン手前のスクラム。何度も組み直され、同志社はアーリプッシュの判定を受ける。再び組み直すもペナルティを取られ、京産大はショットを選択。先制のペナルティゴールを献上し、0-3とリードされる。ノックオンから得点に至るまで約5分間スクラムが続く、奇妙な時間であった。


同16分、またもや起こった。自陣10m付近から右サイドへ展開していくもSO田村(スポ2)がノックオン。京産大スクラムになると、やり直しで時間が経過していく。再びペナルティを献上し、同20分にペナルティゴールを決められ0-6と点差を離された。


FW勝負の中、真っ向勝負をするも反則を誘われ、ミスを連発。BKを走らせるプレーが出来ず歯痒い展開が続く。京産大のシナリオ通りに試合が進められていた。


だが同26分、ラックからボールを受けたBK陣が見せた。CTB和田(文情2)とWTB山口(社2)が敵陣へとボールを運ぶ。右サイド大外のFB原田(心理4)へ配球され、タックルに捕まりながらも内側に切り込んできた和田へオフロードで繋ぎ、約40mを力強いランで独走。ポスト中央にグラウンディング、原田のコンバージョンも決まり7-6と逆転。


和田の独走トライ


喜ぶ選手たち


しかしその5分後、同志社のオフサイドから自陣にてラインアウトモールを形成される。モールディフェンスで動きを止めると、京産大は右サイドへと振る。田村がタックルで止めるもオフロードでつながれ、防御網を突破。トライを許した(7-13)。


前半をリードして折り返したかった同志社。果敢に敵陣へ侵入するも、完全にマークされていた山口に対し集散の早い京産大。追加点を奪えないまま、前半が終了した。


仕掛ける山口


後半5分、同志社お得意のパターン、ゴール前のラインアウトモールから左端にHO橋本(商4)がトライ。コンバージョンは外れるも12-13と追い上げを見せる。京産大はシンビンで1人が退場。流れを掴むにはここしかなかった。


今試合2本目のトライ


しかしながら、同志社のスローフォワードで自陣22m付近にて相手ボールスクラムになる。スクラムで押されペナルティを与えながら、ディフェンス裏にグラバーキックを飛ばされ中央に被トライ(12-20)。数的有利の中、京産大のFW陣に圧倒されての失点は、この試合決定づける一発だったのかもしれない。

その4分後も右隅にトライを献上するも、同18分、HO奥田(文情4)が敵陣22mラインを超えると途中出場のCTB古城(スポ4)、FL弓削(社4)、原田と順目に展開し、最後に受けた和田が2本目のトライ。19-27と食らいつく。


同24分、敵陣22m手前でオーバーザトップを誘う。ラインアウトモールでトライを狙いに行くか、ペナルティゴールで確実に3点を奪うか、究極の選択を迫られる。8点ビハインドの場面でショットを選択しておけば5点差。だがラインアウトモールが通用すると信じて同志社は5点を奪いにいった。


しかしここで決めきることができなかった同志社。そのまま京産大がボールを守り抜き、ノーサイドとなった。


3年ぶりの5連勝にはならなかったものの、本試合の前日の結果を受け同志社の選手権出場は確定した。しかし、試合内容は満足にいくものではなかった。

特に前半はスクラムに時間をとられ、思うようなプレーをできず、6点を献上。「セットプレーからの流れが多かったのでFWに取り切って欲しい所だった」(萩井監督)。大型FWを有する京産大に終始セットプレーの主導権を握られてしまった。


スクラムで優位に立てず


また後半24分のプレー選択。まずは確実に3点を奪い返すことが賢明であっただろう。「スコアマネジメントの面から見直さなければいけないと思った」(古城)。接戦の試合だからこそ、冷静な判断力が求められる。


リーグは残り2戦。下を向く選手など1人もいない。主将山本を先頭に目指すは日本一だ。同志社フィフティーンの挑戦はまだまだこれからだ。【文責・川田翼、撮影・上野孝輔、内藤界】



【コメント一覧】

萩井監督

――本試合の試合展開について

やはり、ゴール前で取りきれなかったことが一番大きいと思います。そこに関しては、セットプレーからの流れが多かったのでFWに取り切って欲しい所でした。全体的にはある程度やりたいことは出来ていたのですが、競り合いの場面など、最後の最後で取れなかったのが今後の課題です。


――スクラムに関して

今回は組み直しがすごく多かったのですが、果たしてその判断が本当に正しかったのか当該校だけでなくラグビー界全体で見直すべきだと思います。もう少しプレー時間を増やした方が、いいスポーツになるのではないかと思いました。


――選手交代に関して

キャプテン・山本を交代したことについては、彼自身のコンディションの問題もありますが、交代で副将・古城も控えていたので戦略的な部分が大きいです。


――残りの2戦への意気込み

一戦一戦、目の前の試合に向き合っていきたいです。


――選手権に向けて、強化する点

アタック面をもう一度見直していくべきだと思います。



主将・WTB山本雄貴(商4)

――4連勝で迎えた今試合だったが

去年の秋と今年の春に負けている京都産業大学さんだったので、勝ちたいという気持ちが選手の中でも大きかったと思います。スクラム、FW勝負になるというところで、FWも集大成のように自分たちの力がどこまで成長したかを体現できる場でした。そこで真っ向勝負していこうという気持ちがすごく大きい試合だったと思います。


――負けているという事は意識していたか

そこまで意識はしていませんでした。ですが僕たちは常にチャレンジャーなので、チャレンジャーとして負けた相手に勝つ。下から上に上がる者の醍醐味というところがチームの原動力になると思っています。以前負けている相手に勝ちたい、とみんなが思っていました。


――FW勝負に関して

全く負けているように感じませんでした。どんな状況であれ、何度も組み直しをさせられても、HO橋本を中心に修正して、形を最後の最後まで貫いてくれたと思います。ネガティブに思う要素は1つもありませんでした。


――後半の序盤に交代となりましたが、外からどのようなお声がけを

取り急いでしまうシチュエーションでしたが、急ぐ必要は全くなく、自分たちが最後勝っている姿を想像しながら、1個1個のプレーに集中するという話を昨日しました。ですがやはり取り急いでしまっているシーンがあったと思います。こちらに流れが来ている部分もたくさんありましたし、もう少し我慢して繋げていけたら良かったかなと思います。


――敗因とは

今日の時点で京都産業大学さん方が強かった。それだけだと思います。


――次戦の天理大に、今の何を見せつけたいか

自分たちがやってきたラグビーを最後に表現するだけです。京都産業大学さんに負けて、これから日本一取ろうと思ったら天理大学さんに勝利し、チームをもう一度大きな波に乗せる方法以外ないと思います。自分たちのやってきた事の自信、執念をもう一度信じ直す必要があります。今日負けてしまったが、全く間違っていない事を信じ直して、自分たちのラグビーを80分間通せたらいいと思います。



副将・NO.8 服部綾(スポ4)

――復帰戦ということで、試合前の意気込み

約一カ月間チームを離れていてチームにあまりマッチしていなかったので、試合ではチームにマッチ出来るようにすることと、ミスを犯さないよう意識して挑みました。


――実際に戦ってみて

相手のプレッシャーも強く、ミスを犯してしまいました。


――セットプレーに関して

スクラムは京産大の強みであることもあり、同志社も120%の力で挑みましたが相手方が一枚上手でした。ラインアウトに関しては、両校共に相手を分析している印象でした。最後は相手との努力の差が点数に現れたと思います。


――敗因について

FW勝負だったので、前半に自陣スクラムでのペナルティから6点取られたこと。ひとつひとつのミスが繋がってしまったことです。


――残り2戦への意気込み

今日の結果から切り替えて、次戦は去年全国2位の天理大なのでそこに負けないようにまた一から頑張りたいです。



副将・CTB古城隼人(スポ4)

――復帰戦でしたが、本試合の手ごたえは

長らく出場していなかったのですが、色々な人のサポートを受けて戻ることが出来たので、まずはその人たちに感謝の気持ちを持ってプレーしようと思っていました。これから復帰していくにあたって、遅れた分を取り戻そうと思っていたのですが今日は結果が付いて来ませんでした。


――後半の序盤からの出場となったが

自分としては前半から出場したかったのですが、リザーブということでいつでも出られる体で出たらチームの流れを変えられるように準備をしていました。


――自身のプレーを振り返って

怪我をする前の状態に戻せていないので、今後の練習や試合を経て感覚を戻していきたいです。今日のパフォーマンスはあまり良くなかったので、ここから修正していきます。


――敗因について

大事な状況でのミスや、取りきれなければならないところで取れなかったりする場面が何度も見られました。そこから、相手のラグビーをさせてしまったことが原因だと思います。あとは、ペナルティからトライを狙うのではなくペナルティゴールを選択してからワントライで逆転を狙う方が良かったのかなと今では思います。そういったスコアマネジメントの面から見直さなければいけないと思いました。


――次戦への意気込み

下を向いていられないので、チームとして最大限の準備をして挑みます。



【スターティングメンバー】

1.田中翔(経4)

2.橋本一真(商4)

3.文裕徹(法3)

4.松野泰樹(政策4)

5.平澤輝龍(神4)

6.弓削周翼(社4)

7.堀部直壮(社4)

8.服部綾(スポ4)

9.人羅奎太郞(社3)

10.田村魁世(スポ2) 

11.山本雄貴(商4)

12.和田悠一郞(文情2)

13.谷川司(スポ2)

14.山口楓斗(社2)

15.原田健司(心理4)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について