同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 大体大に快勝[Jr.リーグ]:ラグビー部
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
悔しさ滲む、まさかの敗北
笹尾組 涙のVで1部残留
第1回 時國隼輔
'19秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年12月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
大体大に快勝[Jr.リーグ]:ラグビー部
2019/11/17 HEAD LINE NEWS

関西大学ラグビージュニアリーグ (2019年11月16日)

1116日に、同志社大学京田辺キャンパスラグビー場にて行われた関西大学ラグビージュニアリーグ第7節。同志社は序盤から順調に得点を重ね、大体大に89-19で勝利。これにより、ジュニアリーグ通算成績は77勝となった。


厳しい寒さの中、紺グレは熱いゲームを繰り広げた。開始早々、FB笠原(法1)のキックを大体大がノックオン。ハーフラインでスクラムを獲得した同志社は、左サイドへと展開する。NO.8斎藤(社3)からボールを受けたLO大熊(商3)が先制トライ。笠原のファーストゴールも決まり、7-0となる。さらには前半3分、大体大のキックをCTB西村海(商1)がチャージダウン。奪ったボールをCTB佐久間(政策4)につなぎ、トライを成功させた(14-0)。


話し合うFW陣



しかし同11分、大体大にグラバーキックを取らせてしまい、失点(14-5)。瞬時に切り替え同14分、敵陣左サイド22mでラインアウトを獲得。今季最大の強みであるラインアウトモールで押し込んだ(21-5)。同17分には大体大ボールを取り返し、パスを回す。斎藤、SO南野(商4)、大熊とオフロードでつなぎ切り、トライを決めた(28-5)。


タックルで仕留めるSH中村圭(商4)



23分、大体大が自陣左サイド10mでラインアウトを獲得。右サイドを抜けられ、追加トライを献上(28-12)。ここで同志社はもう一度立て直しを図る。同30分、笠原が独走トライで点差を返す(35-12)。前半終了間際には、大体大の反則で、同志社のラインアウト。抜け出たFL丸山(社3)から佐久間につないでトライを成功させ、前半を42-1230点差で折り返した。


攻め気を見せるLO梁本(社1)



同志社のキックオフから開始した後半も、その勢いが止まることはなかった。後半4分、ラックから抜け出たHO谷本(法2)がトライを決める(49-12)。同6分にはWTB江金(経4)が突き刺さるようなタックルでボールを取り返すと、中村圭、佐久間へ展開し追加トライ(56-12)。そして同11分には大熊が、同15分には斎藤が得点。FW陣が積極的に得点に絡む姿が見えた。同17分では、笠原を起点にテンポ良いパスをつなぎ、最後は斎藤がトライを成功させた(75-12)。


ディフェンスを振り切り前進する谷本


だが同20分、同志社がスローフォワードの反則を犯す。大体大のスクラムから空いたスペースに出され、失点(75-19)。連続得点の流れはここで途絶えた。同26分、同志社のラインアウトから斎藤が抜け出る。左サイド展開で西村高がトライ(82-19)。同34分には、敵陣中央5mで同志社スクラムからそのまま押し込み、トライを成功させる(89-19)。大きく点差を離し、試合はノーサイド。余裕の表情を浮かべた。


ボールキャリーが光った斎藤

インゴールへ駆け抜ける西村高



パス展開からのトライやラインアウトモールからのトライ、スクラムトライなど様々なパターンで得点を重ねた。さらに大熊や斎藤などのFW陣がトライを量産。多様な攻撃パターンで大体大を翻弄した。

しかし失点された部分については、「スコアは開いたんですけど、ディフェンス面でもっと改善点があったかなって思います(NO.8斎藤・社3)」特に前半の大体大ボールの時間では、同志社のタックルが刺さらず、危ないシーンもあった。ディフェンス面での修正が課題となる。


ジュニアリーグは現在7戦全勝で、優勝の可能性を十分に残している。次戦の相手はAリーグ第5節で敗北を喫した京産大。京産大Jr.との対戦で昨年は68-22、一昨年は10-40となっており、実力はほぼ互角だ。一週間で同志社がどこまでレベルアップできるかが勝利の鍵を握る。ジュニアリーグで、因縁の相手に借りを返す。(小野真央)


【ジュニアリーグ通算成績】

70



選手コメント

ジュニアコーチ・酒井優監督

ーー前節Aリーグでは京産大に負けたが、次戦ジュニアリーグの相手が京産大ということで次戦にかける思い

毎年、京産大とか天理大っていうのはどのチームでも意識する大学です。Aが負けたということもそうですけど、かなり下のチームには京産大さんに勝つっていうことを意識してほしいと思います。それがまたチームにとっても、前を向ける1つの要因になると思うので。私自身も意識してますし、チームとしても意識させていきたいなと思います。


ゲームキャプテン・SO南野仁(商4)

ーー今日の試合の総括

ロータックル入ることとボールキープっていうのをチームでフォーカスしていましたが、その2つがフォーカスしたにも関わらずあまり上手くいっていませんでした。試合には勝てたけれど、フォーカスした所を徹底する遂行力っていうのを、もう一回チームとしてあげていかないとなと思います。

ーーゲームキャプテンとして

4年生が何人かいて下級生中心のチームだったので、引っ張っていくっていうことを常に考えて。今回はビシッと締めて試合中も真面目に、チームもプレーも落ち着けてやっていこうって思っていました。

ーー声で鼓舞するシーンが見られたが

自分の1番の持ち味が声を出せるっていうことなので、試合中は常に意識していました。

ーーBKについて

良いラインアタックが多かったんですが、ボールキープの所でパスミスとかタッチに簡単に出たりしていました。せっかく良いアタックしているからこそ、そこを継続できるように。ボールキープの所がもったいなかったと思います。

ーー大体大の印象は

スクラムにこだわるチームという印象でした。けれどアタックとディフェンスはやってきてる練習量も違うし、自分達の方が上っていう自信はあったので。スクラムはFWに任せて、良いプレーでフェーズを重ねれば自分達のラグビーができるっていう自信がありました。

ーー次戦に向けて

次戦はタックル決めて、自分が納得いくようにプレーしたいと思います。


NO.8斉藤響(社3)

ーー今日の試合の総括

スコアは開いたんですけど、ディフェンス面でもっと改善点があったかなって思います。アタックはよかったです。

ーーボールキャリーで意識していること

とにかく前に出ること、間合いを相手に詰めさせない、こっちが間合いを潰すっていうのを意識してキャリーしています。

ーーキャリーで抜けた時は

抜けた時は周囲の声を聞くようにしています。周囲の声を聞いたら敵の位置や、味方のサポートのよりがどれくらいいるか分かるので、とりあえず抜けたら声を、音を聞きようにしています。

ーー次戦に向けて

ジュニアは京産でAリーグは立命戦なので、どっちに出ても自分の強みを出せるように頑張りたいと思います。


LO大熊陽介(商3)

ーーどんな思いで今日の試合に臨んだか

明日、Aリーグが天理との戦いなのでチームに勢いをつけられるようにっていうのを意識して臨みました。

ーー今試合3のトライについて

チームで意識してるリロードがよく、ポジションニングが早くできてて。サポートも早くできたと思います。練習の成果が出たと思います。

ーーFWについて

前半でFWのラインアウトのミスがあったんですけど、後半でそれを修正できたと思います。いいプレーもそれで出たと思います。

ーー次戦に向けて

Aリーグで先週負けていた京産との戦いなので、Jr一丸となって勝ちに行きたいと思います。今Jrは全勝していて、まだ優勝が残っているので、優勝目指して頑張ります。


FB笠原浩史(法1)

ーー今日の試合の総括

キック精度に尽きます。自分の強みにしてるキックでチームに良い流れをもたらしたいって考えているけど、それができなくて悔しいです。

ーーコンバージョンゴールの手応え

高校からずっと蹴ってる自分の蹴り方で、大学入ってからいろんな蹴り方教えてもらってるけど、最後は自分の蹴り方に戻って集中して蹴れたかなと思います。最後の一本、端からのゴールは決めます。

ーートライについて

相手が流してきてたので、相手の肩のラインとかボディランゲージを見て内側に切り込みました。

ーーステップで意識していること

肩をどっちかに向かせたいので、相手を振ることを意識しています。どっちかに仕掛けると見せて、その逆に行くようにしています。

ーー次戦に向けて

自分の強みであるキック精度をもっとあげて、フルバックとしてチームにもっと勢いを与えて、ワンチームとして頑張っていきたいです。

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について