同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > リーグ開幕戦、白星で飾る:ラグビー部
第68回関西学生アイスホッ...
第68回関西学生アイスホッ...
壁越えられず
課題が明確に
夏季結果号
'21ルーキー特...
'21ルーキー特...
「己の選んだ道を信じて挑戦...
'21 同立戦特集号
小栗成男氏が聖火を繋ぎました!
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2021年10月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
リーグ開幕戦、白星で飾る:ラグビー部
2021/09/19 HEAD LINE NEWS

2021ムロオ関西大学ラグビーAリーグ (2021年9月18日)

9月18日、宝が池球技場 (京都府)にて2021ムロオ関西大学ラグビーAリーグ第1節、対関大が行われた。開幕戦というプレッシャーの中でも本来の力を発揮した同志社は78-5で勝利し、勝ち点5を手にした。



円陣で士気を高める



予報とは一転晴れ間の見える中、関大のキックオフで試合が始まった。春は70-19で勝利しているだけにいい流れで試合を進めたい同志社だったが、いきなりピンチを招く。前半4分、ギャップをつかれ突破を許し、インゴール内へと侵入を許す。しかし、ディフェンスに戻った嘉納(スポ2)がボールのグラウンディングを阻止し、得点は許さなかった。


嫌な流れを振り払ったのはFBに入った山口楓(社4)。ターンオーバーしたボールを受けると、自陣5mラインから95メートルを走り切る先制トライを挙げる(7-0)。直後にPGを許し3点を返されるが、このトライは紺グレを勢いづけた。



スピードで圧倒した山口楓



同11分には、敵陣でのラインアウトからボールを外に展開。CTB西村海(商3) からオフロードでCTB 大森(商3)へとボールが渡り、紺グレデビュー戦での初トライが生まれた(14-3)。


敵陣でのプレーを続けた同志社。ラインディフェンスでは主将のLO南(スポ4)を筆頭に鋭く前に出るタックルで前進を許さない。同21分、外への展開からボールを受けたWTB和田(文情4)がライン際を駆け抜け追加点を挙げた(21-3)。


この後も終始流れを許さず、主将のSH田村が2トライを奪い35-3と大きくリードして前半を折り返す。



今試合3トライの和田



後半に入っても自慢のBK陣の躍動が止まらない。開始直後、FB山口の突破からボールを展開。外で待っていたCTB大森へと繋がり幸先よく得点を奪った(42-3)。


後半開始から10分で4トライと快進撃が続く。その間、FW陣も奮闘。「自分たちのスクラムをすることが勝ちにつながる」と安定したセットプレーで、スクラムでは反則を獲得した。



軽快なステップを見せたPR山本(社2)



続く同18分、変わって入ったSH新和田(社3)からCTB西村海へとボールが渡ると、裏の開いたスペースを逃さなかった。正確なグラバーキックを外から回り込んだWTB和田が拾いインゴールへ飛び込んだ(68-3)。


ラインアウトモールから一本関大に返されたが、同34分には味方が大きくクリアしたボールをWTB山口楓 が快速を飛ばしてインゴールでボールを押さえた。最後は笠原(法3)がボールを外へ蹴り出し、75-8で初戦を白星で飾った。



計11トライを挙げ、ボーナスポイントを加えた勝ち点5を手にした。攻守で関大に付け入る隙を与えなかった同志社。強いタックルと厳しいブレイクダウンで優位に立ち、与えたトライは一本と得意のディフェンスが光った。攻撃でも3トライを挙げたWTB和田、2トライのFB山口楓など、4年生のスピードスターの活躍が目立つ。王者奪還へ向け、経験豊富な上級生の力は必要不可欠だ。


また、POMには春シーズンから先発での出場が続くCTB西村海が選ばれた。今試合得点に多く直結したオフロードや大外の選手への的確なパスなど、SOの経験を生かし攻撃の起点となっていた。



POMを獲得した西村海



だが課題は残る。「ミスも多くまだまだ荒いところがある」。ラストパスでの乱れやハンドリングエラーが多く目立った。次戦は2019年度以来、公式戦での対戦のない近畿大と戦う。明確となった課題を修正し、さらなる進化を。「日本一」への道のりはまだ始まったばかりだ。【文責:野村大智、写真提供:ラグビー部】



○選手コメント

共同キャプテン・SH田村魁世

――今日の総括

ミスが多く目立つ場面があり、課題は出ましたが、まず勝てた事が1番大きな収穫だと思います。


――初戦、どのようなお気持ちで臨まれましたか?

開幕戦は独特の雰囲気とプレッシャーから上手く行かない事が多いと去年経験していたので、ベクトルを自分達に向けてチャレンジャーマインドを持って臨みました。


――攻撃の組み立て

開幕戦は悪天候が予報されていたので、まずはしっかりキックを使って、エリア取りの部分にフォーカスして敵陣でプレーする事を意識しました。


――自身のプレーで良かったところ

スペースを突いたりと、積極的に仕掛ける事ができました。


――次戦の意気込み

今回出た課題をしっかり修正して、次戦もチャレンジャーとして同志社のラグビーを体現します。


共同キャプテン・LO南光希

――今日の総括

開幕戦とりあえずまず勝てたことが良かったです。全体を通してはミスも多くまだまだ荒いところがあるので次戦は改善したいです。


――初戦、どのようなお気持ちで臨まれましたか?

自分たちのラグビーをしたら勝てる自信があったので、アップからチームの緊張をなくすことを意識しました。


――「いつものスクラム」をという声かけの意図は?

相手によって組み方は違いますが、まずは自分たちのスクラムをすることが勝ちにつながることをFW全員がわかっているので「いつものスクラム」というこえをかけています。


――自身のプレーでよかったところ

自分は前に出て体を張ることしか出来ないですし、それが自分のプレーだと思っているので、前に出てDF出来たことは良かったです。


――次戦の意気込み

今日の試合で出た課題を解決して、成長して次戦も同志社ラグビーを体現したいです。



SO西村海音

――今日の総括

エリアマネジメントをしていこうということで、前半から敵陣でプレーできてよかったです。ボーナスポイントも獲得できて、初戦としてはいい結果になったと思います。前半最初、細かいミスで得点できなかった場面があったので、練習からそこのクオリティを上げていけるようにしたいです。また、自分のミスでピンチを招いたので、もっと責任を持ったプレーをしていきます。


――初戦、どのようなお気持ちで臨まれましたか?

初戦ということをあまり気負いすぎずにいつも通りプレーしようと考えていました。チームとしては、チャレンジャーマインドを持って、楽しんでプレーしようという雰囲気がありました。


――細かいパスやオフロードが多く繋がっていましたが?

春からチームでこだわってきた部分をシーズン初戦で出せたことはよかったです。でも、今日の試合では、たまたま繋がったところや、雑になっている場面が多々みられたので、パスするかどうかの判断が必要になって来ると思います。


――13番に入った大森との連携は?

今日は、オフロードがよくつながりました。練習から意識して取り組んでいた部分なので、実戦で発揮できてよかったです。こうたろうとは、同期でお互いの意見を言いやすいということもあるので、より精度の高い連携を取れるように練習で息を合わせていきたいです。


――POM獲得の要因は?

わからないですけど、ボールキャリーで半身出られたところに、広太郎(大森)とか旺義(梁本・社3)が走りこんできてくれて、自分が攻撃の起点になれたところですかね。


――次戦の意気込み

まず、次戦もスタメンで出られるよう練習でアピールしていきたいです。また、しっかり対策して、次戦もボーナスポイントをとって圧勝できるよう頑張ります。


NO.8木原音弥(スポ4)

――今日の総括

チームとしてはアタックディフェンスともに常に優位に立てていて前に出られていました。個人としては、前半でのミスを後半で修正できたことやセットプレーの精度が上がっているので継続していきたいです。


――春リーグどのようにチームを見ていたか

試合前の雰囲気やゲーム中の声が少ない印象でした。春を終えて、練習中から雰囲気というものは重要になってくるので練習でも試合でもより一層意識してチームの雰囲気を良くする声かけをしていました。FWはセットプレーでの細かいスキルも気になっていましたが、秋に向けて修正したことで実践で役に立つことが増えました。


――上記を踏まえての復帰戦の手応え

試合中にミスを修正できるようになりました。また、セットプレーでのミスが減り、バックスラインに参加した際のハンドリングスキルもうまくいった試合でした。


――自身のプレーでよかったところ

オフロードパスを含めたハンドリングとセットプレーです。前半一本パスミスをしたのですが、その後修正することができました。相手のプレッシャーに焦らず、外に展開できた場面が多々あったので良かったです。ラインアウトでは、ムーブスピードがはやくなりました。キックオフでは、キャッチノーミスだったので継続していきます。


――次戦の意気込み

チームは勝利することができましたが、修正しないといけない課題があるので次戦までの約3週間、強みは磨き、さらに武器にできるように、課題は気になる部分がなくなるまで追求していきたいと思います。

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について