同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 2回戦突破:準硬式野球部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
一部昇格決定!
2年ぶりのインカレも初戦突...
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
2回戦突破:準硬式野球部
2017/08/24 HEAD LINE NEWS
同志社201000004
名商大000000000

第69回全日本大学準硬式野球選手権大会 (2017年8月23日)

8月23日に志度球場(香川県)で行われた文部科学大臣杯第69回全日本大学準硬式野球選手権大会。同志社は先発・内藤(商3)が奮闘し名古屋商科大学と対戦し7-0で快勝した。


初回、2死無塁から坂枝(経4)がヒットで出塁すると、つづく烏田はデッドボール。5番清原(政策4)の放った打球はタイムリーツーベースとなり先制に成功する。「外のストレートでした。全日は球の速い選手が多いから、マシンの設定を140㌔にして目をならしてきた」と練習の成果を見せた。つづく小松(社1)もライト前ヒットでランナーをかえし、この回2点を獲得した。


ガッツポーズを決める小松


3回表、坂枝がツーベースで出塁。1打席目もヒットだった小松がツーベースヒットで追加点を得た。9回には小熊(スポ3)が内野安打で出塁。2番高須(商4)が送りバントに成功するとそこから烏田、清原、小松、河野の4連打で4点を追加しダメ押し点とした。今大会初ヒットだった烏田は「ほんとに苦しかった。ダメ押し点も欲しかったし、割り切って打っていきました。やっと一本が出たのでチームの力になれるるように精一杯やっていきます」と意気込みをあらわにした。清原は「初球の真ん中に入ったスライダーを打った。変化球を狙っていました。小松がチャンスで強いので、しっかり次につなごうと意識しました」と振り返った。小松は「日本一になるには打って勝たないといけないので、バッティング練習に力を入れた。ストライクゾーンが広かったので、追い込まれても見極めてしっかり打てたのが結果につながった」と振り返った。河野も「外のスライダーを打った。後ろにつなぐという意識で打席に立っていた」と語った。最終回は小野(心理4)がしっかりと抑え、3回戦進出を果たした。


活躍した清原


今大会初ヒットとなった烏田


タイムリーを放つ河野


最終回を3人で終わらせた小野


先発内藤は立ち上がりから素晴らしい投球をみせた。大会前の不調を感じさせないペースを守った、リズム良い投球で相手打線を0点で抑え続けた。「すごく久しぶりに指先へ意識をもっていくことができた。最後ボールを離すとき、ほとんどがいい感じでした」と笑みをうかべた。捕手の河野も「緊張もあっただろうけど、自分のピッチングをすれば勝てるという自信があったと思う」と評価した。次に向けての登板に対し、「どんな状況でも絶対無失点」と意気込んだ。


0点ショーを見せた内藤


主将河野はこの試合を「自分たちのプラン通りに試合を運べた。そういう意味では後半戦につながるいい一戦になった」と振り返った。打撃陣は15安打7得点、投手陣は完封リレーで完全勝利をおさめた同志社。この勝利を次にどうつなげるかが3回戦突破のカギとなる。目標の日本一に向けひとつひとつしっかりと勝ち進んでほしい。(安本夏望)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について