同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 猛打、好投で3回戦突破:準硬式野球部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
猛打、好投で3回戦突破:準硬式野球部
2017/08/24 HEAD LINE NEWS
立大000000000-----0
同志社10510010x-----8

全日本大学準硬式野球選手権大会 (2017年8月24日)

8月24日にレクザムスタジアム(香川県)で行われた全日本大学準硬式野球選手権大会3回戦。同志社は立教大学と対戦し8-0で勝利した。


同志社は一回表にいきなりピンチを背負う。「疲れていた。昨日ほどはキレはなかった」という2連投の先発内藤だったが、相手6番を見逃し三振としピンチを切り抜けた。その後も疲労の中で打たせて取るピッチングを意識し2日連続の零封を成し遂げた。


先発の内藤(商3)


その裏、1番小熊(スポ3)がライト前ヒットで出塁すると、2番高須(商4)がしっかりと送りバントを決め、1死二塁。2回戦で初ヒットを打った4番烏田がレフト前タイムリーを放ち先制した。


先制タイムリーの烏田(政策3)


三回表、打線は爆発しビッグイニングとなった。小熊がフォアボールで出塁すると、高須の送りバントはヒットとなり無死一二塁。3番坂枝(経4)が送りバントを決め1死二三塁とした。犠牲フライを意識した烏田の当たりはライトへのツーベースとなり2点を追加した。


ポーズを決める烏田


5番清原はデッドボールで1死一二塁となった。そこから6番小松、7番河野の連続タイムリーで2点追加。「次につなぐ。自分で決めようとしてゲッツーにならないように強いスイングを意識した」と語った河野。チームの大黒柱がタイムリーを放ち、歓声が沸いた。「チームに足りてないもの。バントであったり、エンドランであったりチームとして機能する人間になる」と考えた8番長門は言葉通りスクイズを決めた。


小松(社1)、笑顔でガッツポーズ


河野(文4)もタイムリーで続く


長門(経4)のスクイズ


打者一巡で内藤を援護した。4回、7回にもそれぞれ清原、河野にタイムリーが生まれ8-0。最後は青木がきっちり抑え、3回戦を突破した。


清原(経4)もガッツポーズ


今大会初登板の青木(商4)


主将河野は特に長門のスクイズの場面で「チーム内セオリーがしっかりと確立されていた」ことを実感し評価した。明日の準決勝は強豪校との対戦が予想されるが、「とにかく勝つ。0-1でも100-99でも勝つ。冷静さと強い気持ちを両立して戦いたい」と胸の内を明かした。

1点1点の重みを大切にし、どんな状況でも必ず勝つ。強い、熱い気持ちで日本一への道を歩む。(安本夏望)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について