同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 初戦、投打かみ合い快勝:準硬式野球部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
田辺での最終戦を完勝で終える
一部昇格決定!
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
初戦、投打かみ合い快勝:準硬式野球部
2017/09/15 HEAD LINE NEWS

関西六大学準硬式野球連盟秋季リーグ戦 (2017年9月14日)

9月14日、わかさスタジアム京都にて行われた関西六大学準硬式野球連盟秋季リーグ戦第1節対阪大1戦目。7―0で8回コールド勝ちをした。

中盤から打線が爆発した。4回、2番柴山(スポ2)、3番小松(社1)が立て続けにヒットを打ち、無死1塁、2塁とチャンスを作る。


ティラノポーズの小松


続く4番烏田(政策3)がタイムリーを放ち先制点をとった。更に相手のボークで1点を追加し、この回、2点を先取した。

7回、7番佐藤大(社1)、9番富永(法3)のヒットで、1死1塁、3塁とする。しかし、1番小熊(スポ3)がスクイズに失敗し、2死1塁、2塁。続く打者は2番柴山。「打った瞬間、抜けると思った」。打った打球はレフトオーバーのタイムリー三塁打となり、ダメ押しの2点を追加した。3番小松のタイムリーヒットと相手のエラーで2点を追加し、この回、一挙4得点と打線が大暴れをした。


柴山は大きくガッツポーズ


初戦の先発を任されたのは富永。「1イニング1イニング0に抑えることを意識した」。と8回5安打無失点の好投を見せた。


先発の富永


リーグ初戦、好投、猛打で勝利を飾り、幸先の良いスタートを切った同志社。チームの目標である連覇に向けて、勢いそのままに第2戦目へと向かう。(宇佐美義人)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について