同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 関学大に痛い引き分け:準硬式野球部
日本学生氷上競技選手権大会...
第90回日本学生氷上競技選...
収穫得た関西準V
山内魅せた!圧巻の大逆転劇...
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年12月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
関学大に痛い引き分け:準硬式野球部
2017/09/29 HEAD LINE NEWS
関学大110200000-----4
同志社000101020-----4

関西六大学準硬式野球連盟秋季リーグ戦 (2017年9月29日)

9月29日に南港中央野球場(大阪府)で行われた関西六大学準硬式野球連盟秋季リーグ戦第3節対関学大2回戦。前日の勝利とは一転、4-4と引き分けになった。



この試合の主導権を握ったのは同志社だった。1回、2番柴山(スポ2)がフォアボールで出塁すると、今季好調の小松がセンター前を放ち1死一、二塁とした。勝負強さが売りの4番烏田は「入りの悪さが自分の課題。気合入れて先制しようという気持ちで打席に入った」。2球目をレフト線に運びタイムリー、幸先良く先制点を挙げた。


4番烏田(政策3)


2回にも無死一、三塁で内藤がスクイズを決め1点を追加した。追加点が欲しかった同志社は4回、2死無塁からリードオフマン・小熊(スポ3)が今日初ヒットで出塁、柴山がフォアボールを選んだ。「左ピッチャーのまっすぐを狙った。狙い球を打ってしっかり結果が出せてよかった」。小松が放った初球はダメ押しの2点タイムリーとなった。


スクイズを決めた内藤(商3)


好調の小松(社1)


先発・内藤は序盤を無失点で抑える好投を見せていた。しかし、4回に相手6番から3連打を浴び1点を許した。6回にもヒット、フォアボール、更には味方のエラーで満塁と追い込まれ1失点。7回にも満塁のピンチを背負い降板した。「ところどころ力んでいた。どこがどうというよりかはシンプルに掴まってしまった」と振り返った。


救援に入ったのは前日先発の富永だった。「急だったので開き直って投げた」とピンチを3球で切り抜けチームを救った。続投しロングリリーフとなった8回、8番打者にレフト前に運ばれると連打で2点を許し同点に追いつかれた。「打たれたのは全部高めだった。指がかかって低めに良い球がいかなかった。無駄なところに力が入って思うように投げれなかった」。今季ずっと続いている不調がこの試合にも表れてしまった。


リリーフとしての登板となった富永(法3)


主将・小熊は「負けなかったことは評価できる。自力優勝(の可能性)はまだの残っているので、下を向く必要はない」と振り返った。「序盤、取れるところで取れなかった。チャンスで簡単に打ちにいき凡退したことや、無駄なエラーが目立った。取れるところでとる。エラーをなくす。この2つを1週間で重点的にやっていく」。練習で反省点を修正し次戦に挑むと明かした。


今試合は好調な打撃の裏で、守備でのミスが目立った。エラーからの失点は打撃で得た良い流れを止めてしまう。経験豊富な上級生が中心となってミスを減らせば、楽に勝てる。次節2連勝し優勝するため、この1週間が正念場となる。同志社準硬は進化し続けなければならない。(安本夏望)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について