同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 第1節神大に2連勝:準硬式野球部
2018年度 関西大学バレ...
関西学生バスケットボールリーグ戦
月1座談会 第5弾「縁の下...
課題見えた全日本ダート
水本、悲願のクラス2昇格
月1座談会 第4弾「勝負の...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年8月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
第1節神大に2連勝:準硬式野球部
2018/03/19 HEAD LINE NEWS
同大141000104
神大010010000

平成30年春季リーグ戦 (2018年3月17日)

3月17日に同志社大学軟式野球場で平成30年秋季リーグ戦第1節2回戦が行われた。同志社は神大に11-2で勝利した。


「どんな状況でも1点に執着する」(小熊主将・スポ3)。どのような相手、状況でも戦い方は1つ。泥くさく野球をするのがチームセオリーである。ロースコアで戦った1回戦とは全く違う戦い方となった。毎回出塁を果たし大量得点で勝利をおさめた。


初回、小熊のヒットからチャンスを作り先制した。2回に澤村が素晴らしい打撃を見せた。1死満塁で振り抜いた5球目はレフト前タイムリーとなり2点を獲得。「次きた球を仕留める」そう決めたなかでの1発は見事なものだった。その後、小熊、柴山(スポ2)のタイムリーでさらに2点を追加した。


澤村(スポ3)のタイムリー


7回、チーム待望の1発が飛び出した。頼れる4番・烏田のソロホームランだ。ダイヤモンドを回る際、何度もガッツポーズをし、ベンチでは笑顔を浮かべた。本人は好調の理由を「プレッシャーを楽しんでいるから」と明かした。最終回、打者一巡の猛攻で4点を獲得。佐藤大(社1)と烏田に打点が付いた。烏田は2試合で3打点。しっかりと4番の仕事を果たした。小熊主将も「今日のヒーロー」と太鼓判を押している。


待望の1発を放つ烏田(政策3)


先発・富永は「内容としては20点。思っている自分の球を投げることが出来なかった」と自身を振り返った。「軸足の粘りができず、前に重心が逃げていることが不調の原因」と分析している。それでも神大打線を2失点で抑え、エースとしての意地を見せた。


先発・富永(法3)


富永の後、8回から登板した野口は今季初登板であった。自分の投球について「ランナーが出てしまったけれど、最終的には0に抑えられてよかった」と話した。オフ明けから不調が続いたがキャンプでは、バラバラだったフォームの修正に力を入れ、登板に備えていた。


富永の後を任された野口(経2)


9回は公式戦初出場の戸澤が力投した。初めての公式戦登板を「観客が多かった。練習試合ならだれてくる時期にしっかり投げられた」と語った。捕手・澤村は野口を「1イニングをしっかり抑えてくれた。頼りがいのある後輩」と評価し、戸澤を「思い切った投球ができていた」と褒めた。3人の継投が打撃陣の大量得点を後押しした。


公式戦初登板の戸澤(スポ1)


第1節を2連勝と良いスタートダッシュを切ることができた。チームの方針である泥くさい野球が出来ていることは今節で証明された。次節は関学大、私立校との対戦だ。「相手が変わっても1点に執着し、何が何でも勝つ」(小熊主将)。今節で出たそれぞれの課題を1週間で修正し、良かった点に磨きをかけ次に挑む。(安本夏望)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について