同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 大逆転劇で勝利:準硬式野球部
関西学生バスケットボールリーグ戦
課題残すも…シーズン初戦V
日本一ならずとも見せた同志...
'18夏の展望「...
月1座談会 第5弾「縁の下...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年8月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
大逆転劇で勝利:準硬式野球部
2018/03/24 HEAD LINE NEWS
関学大010000000
同志社00000051x

平成30年度春季リーグ戦 (2018年3月23日)

3月23日にわかさスタジアム京都で行われた平成30年度春季リーグ戦第2節対関学大2回戦が行われた。同志社は6-1で勝利した。


試合開始直後カメラに向かってポーズを決めた


空がオレンジ色に変わっていくなかで選手たちの笑顔は照らされた。輝く笑顔はチームに勝利をもたらした。


先制点を挙げたのは関学大だった。2回、今季不調の先発・富永は相手4番に2個目の四球を与えた。そこからチャンスを作られ、適時打を許した。しかし、その後は7回まで無失点に抑え打撃陣の反撃を待った。その裏、同志社は強豪として意地を見せた。5番・加藤達(スポ2)がヒットで出塁し、先頭の仕事を果たした。佐藤大(社1)の犠打、代打・佐藤唯(スポ2)の四球で1死一、二塁となった。8番・澤村(スポ3)の併殺崩れの間に一、三塁とし命運は代打・前川にかかる。相手・投手とは同じ出身校どうし。会場が熱気に包まれる中、2人のボルテージも最高だった。2球目をコンパクトに振り抜いた。鋭く転がった打球はライトに到達。待望の同点打に同志社陣は総立ちとなった。塁上で前川も何度も何度もガッツポーズ。「ガチ最高。マジ嬉しい。(川西緑台高出身の相手投手から)初めて打てた。マジ嬉しい」と取材中も笑顔をこぼし続けた。


抱き合いハイタッチをする前川(スポ2)


小熊(スポ3)の勝ち越し打からの3連打でこの回5点を獲得。8回にも加藤達の2塁打から追加点を獲得し、6-1で勝利をおさめた。富永は打撃陣の反撃に「負けたら自分のせいだと思っていたので最後にああいう形で逆転してくれて嬉しかった」と話した。勝ち越しの瞬間、富永の目は少しうるんでいた。


先発・富永(法3)


「ここまで完璧に抑えられるとは思っていなかった。それでもスタンド、ベンチからの大丈夫という声がチームを勝たせた」(小熊主将)。一念通天という言葉の通り、思いは必ず叶う。信じたものだけが得られる勝利を準硬式野球部は実感した。次節以降も熱い思いを持って戦ってゆく。(安本夏望)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について