同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 関大初戦白星:準硬式野球部
関西学生バスケットボールリーグ戦
課題残すも…シーズン初戦V
日本一ならずとも見せた同志...
'18夏の展望「...
月1座談会 第5弾「縁の下...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年8月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
関大初戦白星:準硬式野球部
2018/03/30 HEAD LINE NEWS
同志社010020020-----5
関大200000001-----3

平成30年度春季リーグ戦 (2018年3月30日)

3月29日にわかさスタジアム京都で平成30年度春季リーグ戦第3節1回戦が行われた。同志社は関大と対戦し5-3で勝利した。


本日も笑顔を見せたメンバー達


先発・内藤は初回から関大打線につかまってしまった。先頭にヒットを許すとそこから相手のペースにのまれ、2点を失った。「調子は悪くはなかった。しかし、相手が狙った球を確実に叩かれた」と振り返った。2回以降は打たせてとるピッチングを意識し関大打線を抑えた。同志社は2回に相手のエラーを誘い1点をかえした。逆転の好機を迎えたのは5回だった。7番・寺田(スポ1)にヒットから打線がつながり、2死二、三塁の場面。「曲がったところだけを狙って打った」と2番・柴山がツーシームを振り抜いた打球はライトへのツーベースヒットとなった。チームに貢献したい気持ちが打球に伝わるタイムリーだった。8回にも加藤達(スポ2)の犠牲フライと相手の暴投で2点を追加。2試合連続の逆転勝ちで今季6勝目をあげた。


柴山のガッツポーズ


「慌てたら負けなので、いつも通り1点1点落ち着いて取ろうと思った」(小熊主将)。エラーなど些細なミスが得点につながってしまう。いかにミスを減らせるかがカギを握る勝負で必要なのは、落ち着いて確実にプレーすることだ。好機が生まれるまで焦らず我慢し続けた結果が今試合の勝利となった。今季、他チームが下馬評通り勝ちを得られない混戦の関六リーグ。泥くさい野球で耐えて勝つことが全勝優勝へとつながる。(安本夏望)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について