同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 富永奮投でリーグ優勝:準硬式野球部
関西学生バスケットボールリーグ戦
課題残すも…シーズン初戦V
日本一ならずとも見せた同志...
'18夏の展望「...
月1座談会 第5弾「縁の下...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年8月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
富永奮投でリーグ優勝:準硬式野球部
2018/04/06 HEAD LINE NEWS
同志社020000000-----2
阪大001000000-----1

平成30年度春季リーグ戦 (2018年4月5日)

4月5日に南港中央野球場で平成30年度春季リーグ戦第4節2回戦が行われた。同志社は阪大と対戦し2-1で勝利した。


打ち合いでの接戦が続いた前戦と比べ、打撃陣は沈黙を続けた。その中で両チームの投手は力投を見せた。


同志社は2回に7番・寺田(社2)の内野ゴロで先制。続く澤村(スポ4)が1点適時打を放った。ここまではよかったが、3回から9回まではわずか3安打にとどまり、自慢の打力を見せられなかった。3回には阪大が1点をかえし、同志社は後がなくなった。1点でも与えれば、目標の全勝優勝が遠のいてしまう危機的状況。先発・富永は中盤、バックを頼りに打たせて取るピッチングを続けた。「打たせて取る、流れを呼ぶピッチングで守りやすかった。」(小熊主将)。阪大打線に隙を与えず、見事な0行進ショーを披露した。




最終回、守り切れば勝利の場面。富永は先頭から2連打を浴び、窮地に立たされる。無死二三塁で敬遠を選び、満塁とした。一打サヨナラのピンチで富永の投球に変化が見えた。それまでの投球よりも球の走りが明らかに違う。「打たれてたまるかという気持ちが(投球から)伝わってきた」と捕手・澤村は話した。負けん気、勢いのあふれる球で1人、2人と空振り三振に打ち取った。あと1人。富永が投球するたびに球場には歓声が響いた。5球目、相手打者は空振り。三者連続三振となった。富永は何度もガッツポーズを決めた。「今まで不調で、自信をなくしていた。出ている自分がビビっても仕方がない。吹っ切れて、腕を振って全力で投げた」(富永)。耐えて勝つ。エースの奮投が勝利を手繰り寄せた試合だった。


ホッとした顔でガッツポーズする富永(法4)


今節2連勝で優勝が確定した。しかし、選手たちが大喜びする姿は見られない。全勝優勝することを皆が意識しているからだ。全勝優勝まであと2勝。今季、逆転勝ちやロースコアでの勝利で「絶対勝つんだ」という気持ちの持ち方をできるようになった。最終節・同立戦でも気持ちから勝ちにゆく。何が何でも全勝優勝を果たし、最終目標の全日本2連覇の礎にする。(安本夏望)


勝利を喜ぶメンバーたち



同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について