同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 初陣白星ならず:準硬式野球部
第96回関西学生サッカーリ...
関大に惜しくも敗北
10得点で大勝。秋季リーグ...
選手コメント
西谷監督へのインタビュー
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年9月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
初陣白星ならず:準硬式野球部
2018/09/14 HEAD LINE NEWS
関大02071---------10
同志社00000---------0

関西六大学準硬式野球連盟秋季リーグ戦 (2018年9月13日)

9月13日にわかさスタジアム京都において関西六大学準硬式野球連盟秋季リーグ戦が開幕した。

同志社は第1節第1試合、関大を相手に10-0で5回コールド負けを喫した。


全国大会から3週間、佐藤組として新たなスタートを切った。


新たなチームで恒例の儀式を行う選手たち


時間がない中での初戦は想像以上の厳しい戦いとなった。相手打者を翻弄すべく継投でピッチャーを何度も変えて挑んだが関大打線につかまってしまう。先発投手としてマウンドに上がった加藤佑(スポ3)は打たせて取るピッチングで1回を無失点で切り抜ける。しかし2回、2アウト満塁のピンチで2連続安打を浴び2得点を許した。ピンチでも同志社らしい野球をしようと打撃陣は逆転を試みる。3回に大塚(商3)が右前二塁打を放ち、長原(商3)の左前安打で3塁まで進むもチャンスをものにすることができない。得点につなぐことができなかったエース小松(社2)。悔しさがこみ上げた。


悔しさを見せる小松(社2)


4回、加藤佑に代わり石野(スポ3)、西田(経2)が登板し勢いを食い止めようとする。失策、暴投が続き失点を重ねた。選手たちの間に不穏な空気が漂った。


失点直後の西田(経2)


しかしどんな状況でもベンチは明るかった。「大丈夫」「ここで終わらせよう」選手を鼓舞する声が響いた。伝統の全員野球がそこにはあった。5回には1失点を許すも投手高野(社3)の踏ん張りと守備陣の活躍によって打たせて取るピッチングで関大打線を抑えた。


粘り強い投球を見せる高野(社3)


逆転を狙う打撃陣が闘志を燃やす。大塚が相手のエラーを誘い出塁。納(商3)につなぐが代走・角(スポ2)が二塁で刺され試合終了。無念のコールドとなった。


「今のチームの悪いところがすべて出た。終わったことはしょうがないのでプラスに考え、1つ1つ修正していきたい。」

主将・佐藤唯は前を向いていた。駆け出しの佐藤組は模索を続けていく。(久保友紀恵)


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について