同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 苦しみながらも:準硬式野球部
第91回日本学生氷上競技選...
第91回日本学生氷上競技選...
課題修正しインカレに挑む
強さ見せつけた京都選手権
チームのために出来ること
'18秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
苦しみながらも:準硬式野球部
2018/10/08 HEAD LINE NEWS
同志社110160009-----18
神大100004022-----9

関西六大学準硬式野球連盟秋季リーグ戦 (2018年10月7日)

10月7日に関西学院大学グラウンドで秋季リーグ戦第2節対神大2回戦が行われ、苦しみながらも18-9で勝利した。


 この日の先発は久しぶりの登板となった加藤佑。強力神大打線を相手に5回を投げ1失点に抑える好投をみせた。4回ウラには微妙な判定をめぐって一時試合が中断。流れが相手に向きかけたと思われたが、しっかりと後続を抑え相手に流れを渡さなかった。この後を継いだのは湯川・栗生の今季初登板コンビだ。しかし2人の投球はともに精彩に欠けていた。湯川(心理2)は5者連続で四球を与えると、さらに連打を浴び4失点。1イニング投げ切ることができずに降板となった。「落ち着いて投げようと思ったが慌ててしまった」と振り返った。


リーグ初登板の湯川(心理2)


この後を継いだのは栗生(生命2)。流れを切ろうと意気込んで臨んだが、初登板の緊張から四死球4個を与えてしまう苦しい投球となった。


奮闘する栗生(生命2)


8回途中からマウンドに上がった高野(社3)は9回に2死から連打を浴び失点するなど本来の投球をすることができなかった。しかし主将・佐藤唯(スポ3)は、「経験することが大事なので」とポジティブだった。ピンチを招くと積極的に捕手の納(商3)をはじめとした内野陣が間合いをとるなど、チーム全体として投手をサポートする姿勢も目立った。

 一方打線は対照的に元気はつらつとしていた。先日行われた第4節対阪大戦では2戦合計12安打3得点に終わった打線がこの日は18安打18得点と大爆発した。「積極的に打っていった」。そう振り返ったのはこの日4安打を放った小松(社2)。ホームラン性の打球も飛び出すなど、調子の良さが表れた。この小松を中心として先発野手7人が複数安打を記録し苦しむ投手を助けた。


自身の安打で出塁後、盗塁に成功した小松(社2)


この日は野手にもニューフェイスがいた。7番に座った寺田(社2)だ。今季初の先発起用で期待に応えようと燃えていた。すると右に左へと器用に打球を運び、3安打3打点と結果を出してみせた。この小松や寺田といったまだまだ若い2年生たちの活躍がチームに好影響をもたらすことは間違いない。


三塁打を放ち喜びを見せる寺田(社2)


秋季リーグも残り2試合だ。インカレ出場もあり他の大学に比べて世代交代後の時間が短いのは明らかだ。このチームはまだ完成していない。この大会を通じてチームとして成長し、春で本領を発揮してほしい。(内藤界)

 

スタメン

(7)大塚

(2)納

(6)佐藤大

(3)佐藤唯

(5)加藤達

(9)寺田

(指)前川

(8)柴山

(P)加藤佑

バッテリー (P)加藤佑、湯川、栗生、高野―(2)納


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について