同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 神大に快勝!:準硬式野球部
第45回全関西学生ライフル...
第45回全関西学生ライフル...
'19ルーキー特...
'19ルーキー特...
長い戦いの末、全国ベスト1...
38年ぶり!上岡・三輪ペア...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
神大に快勝!:準硬式野球部
2019/04/12 HEAD LINE NEWS
同志社0010206-------9
神戸大0000002-------2

関西六大学準硬式野球連盟春季リーグ戦 (2019年4月11日)

4月11日、南港中央野球場(大阪府)にて関西六大学準硬式野球連盟春季リーグ第4節1回戦が行われた。同志社は神大と対戦し9-2で7回コールド勝ちを果たした。


先発は前試合でデビューを飾った佐伯(スポ1)。得意の直球に加えて、スライダーをまぜた投球を見せた。「内野の声を聞くことを意識した」連携のとれた守備を見せ、4度の三者凡退、6回まで無失点とエースとしての頭角を現した。しかし7回、完封が目の前に迫った場面で無死満塁のピンチを招く。高校の先輩である捕手池田(社2)は「0で抑えるよりコールドで終わるように」と力ませないように声をかけた。池田の言葉もあり、2点と失点を最小限に抑え、見事初勝利を成し遂げた。


力投を見せる佐伯(スポ1)


佐伯に声をかける池田(社2)


投手の背中を押すように打撃陣も奮闘した。3回、柴山(スポ4)が左中間を割く強烈な三塁打を放つと川田(経2)の中犠打により生還し、先制に成功。5回には小松(社3)、川田が出塁した1死一、二塁の状況で佐藤唯(スポ4)が相手のエラーを誘い一挙2点を獲得した。勢いづく同志社打線はさらに7回、無死満塁のチャンスで今季不調が続いていた佐藤大(社3)が右翼線適時二塁打を放ち、復活を遂げた。「柴山さんと小松がアドバイスしてくれたおかげで打てた、感謝したい」仲間のアドバイスが佐藤大を後押ししていた。その後も相手の四死球や失策が続き6点を獲得。見事コールド勝ちを収めた。


適時二塁打を放つ佐藤大


「相手のミスでではなく自分たちの力で圧倒していきたい」(佐藤唯)。関西選手権出場を決めるためにはもう負けは許されない。攻守の噛み合った同志社らしい戦いで次も白星を狙う。(久保友紀恵、撮影:内藤界)



同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について