同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 頂点見えた!!関学大に2連勝!:準硬式野球部
令和3年度関西学生バドミン...
令和3年度関西学生バドミン...
主将セレクション「卓球部男子」
主将セレクション「卓球部女子」
関西シングルス優勝!リーグ...
快勝で幕開け
’21春 新入生歓迎号
ラグビー特集号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2021年4月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
頂点見えた!!関学大に2連勝!:準硬式野球部
2021/04/08 HEAD LINE NEWS
関学大000002000-----2
同志社11003000X-----5

令和3年度関西六大学準硬式野球連盟春季リーグ (2021年4月8日)

4月8日、大阪シティ信用金庫スタジアムにて令和3年度関西六大学準硬式野球連盟春季リーグ第4節対関学大2回戦が行われ、同志社は5-2で勝利。昨季王者に連勝となった。



先発の濱(スポ2)



今日先発を務めたのは濱。ほぼ毎イニング走者を背負いながらの投球となったが、粘り強いピッチングで要所をしっかりと抑え、5回までスコアボードに0を並べた。「毎イニング初回だと思ってしっかり一人ひとり抑えようという気持ちで投げました」(濱)。四球数が多いなどの課題点はあるが、リーグ戦前半から着実に進化を遂げている。最終節に向け、このまま調子を維持して欲しい。

6回、濱に代わって登板したのは髙井(商3)。先頭打者に四球を与えると、その後相手打線につかまりこの回2点を奪われた。思うような投球ができず1回で降板。東山(経3)にマウンドを託した。

「しっかり0で抑えようと思った」と意気込んでマウンドに上がった東山は落ち着いた投球で得点を許さない。しかし昨日よりも調子が上がらず8回、満塁のピンチを迎える。緊張感の中で東山が投げた球は、大きく左中間へ。場内の視線が集まる中、川田が渾身のダイビングキャッチ。「とった瞬間震えた」(川田)と満足げな表情で振り返った。野手陣に助けられながらもこの回をなんとか無失点で切り抜けると、最終回も三者凡退できっちり抑え試合を締めくくった。



ファインプレーを見せた川田(経4)とその横でガッツポーズをする向久保(商2)



笑顔でホームにかえる渡部(スポ4)



投手陣が奮闘する中、野手陣もそれに応えた。

初回、今季好調の向久保が左前安打で出塁し盗塁を決めると、相手の失策間に先制。さらに2回、渡部や和田(スポ4)などが安打を放ち追加点を挙げた。そのまま同志社打線の勢いは止まらず5回、新居(スポ2)、菅野(商3)、甲斐の3者連続安打や相手捕手の悪送球、犠飛でこの回一気に3点を追加した。

最後まで点差を守り切り、5-2で試合終了。今まで積み重ねてきた練習の成果を証明し、嬉しい白星を手にした。



安打を放った甲斐(経3)



喜ぶ部員たち



試合ごとにチームの一体感が増している。次戦はいよいよ最終節の立命大戦だ。求め続けた頂まであと一歩となり、部員皆が闘志をあらわにしている。「練習から気を引き締めて、立命戦に挑みたい」(和田)。連勝に驕る(おごる)ことなく謙虚な姿勢で次戦に向かう。勝利の女神が微笑むのは間違いなく同志社だ。(文貴・松井麻衣、写真・山口萌恵子)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について