同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 同立戦、悔しい7回コールド負け:準硬式野球部
第68回関西学生アイスホッ...
第68回関西学生アイスホッ...
壁越えられず
課題が明確に
夏季結果号
'21ルーキー特...
'21ルーキー特...
「己の選んだ道を信じて挑戦...
'21 同立戦特集号
小栗成男氏が聖火を繋ぎました!
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2021年10月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
同立戦、悔しい7回コールド負け:準硬式野球部
2021/10/14 HEAD LINE NEWS
立命大0004120-------7
同志社0000000-------0

令和3年度関西六大学準硬式野球部連盟秋季リーグ (2021年10月14日)

10月14日、わかさスタジアム京都で令和3年度関西六大学準硬式野球連盟秋季リーグ戦第5節対立命大1回戦が行われた。同志社は大会規定により7-0でコールド負けを喫した。



先発の望月(スポ1)



先発は望月(スポ1)。立ち上がりはよかったものの、中盤から制球に苦しむ。

4回、四死球と味方の失策が重なり、満塁のピンチを招くと、7番打者に適時打を浴び、先制を許す。「四球が守備のリズムにもつながってしまった」(望月)と振り返った。その後も相手打線に捕まり、この回一気に4点を失う。4回裏には菅野(商3)の安打や四球により満塁のチャンスをつくるも、無得点に終わる。



振り切る菅野(商3)



5回表途中、1死一、二塁で先発の望月が降板。髙井(商3)がマウンドに上がる。味方の失策により追加点を許すも最少失点で抑えた。

6回、連打を浴び2点を失う。「デッドボールで無駄な点を取ってしまい、0点で抑えられず悔しい。メンタル面も安定させ試合に臨みたい。」(髙井)と悔しさを残す。その後、この回途中からマウンドに上がった東山(経3)がテンポの良いピッチングで無失点で切り抜けた。この回の裏、高橋省(スポ3)が得点圏に進むも、後続が倒れ得点に結びつかず終了。

続く7回、東山は失点を許さず守り抜いた。「冷静に投球し、ピンチを抑えることができて良かった」(東山)。その後得点のチャンスを掴んだが、反撃叶わず大会規定により7-0で7回コールド負けとなった。



ピンチを抑えた東山(経3)



チャンスを生かせず悔いの残る試合となった。秋リーグは残り3試合。今試合によって秋リーグ優勝への道は閉ざされてしまったが、点を取る練習、投手陣の制球の部分など、様々な課題が見つかった。「日本1を取ることが最終目標なので、春リーグ優勝を飾るためにも残り3試合に望みたい。」(真鍋)。選手たちの意思は熱い。今日の反省を生かし、気持ちを入れ替えてまずは明日、チーム一丸となって今日のリベンジを果たすため試合に臨む。(文責・宮澄遥菜、写真・松井麻衣)



悔しむ真鍋(スポ3)



 

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について