同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > シーズン最後のタイトル獲得ならず…:ソフトテニス部
西本学生フェンシング選手権大会
西本学生フェンシング選手権大会
逆転Vでインカレ初制覇!団...
追随許さずリレー準V!
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年1月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
シーズン最後のタイトル獲得ならず…:ソフトテニス部
2017/12/10 HEAD LINE NEWS

関西六大学ソフトテニス秋季リーグ戦 (2017年11月19日)

11月19日に同志社大学京田辺キャンパス(京都府)にて行われた関西六大学ソフトテニス秋季リーグ戦。優勝を目指す同志社は、1日目に神戸大、立命大、2日目に京大を順調に撃破。しかし、2日目2戦目の関大戦でまさかの悲劇が起きた。


1番手の村上・西村がストレートで制すも、同時に試合に入った鈴木・近藤はG2-4で惜敗。次の1本をどっちが取るか。大事な局面で新子・古田が格下相手に手こずった。「慢心だった」(新子)。幸先良く3ゲームを連取するも、隙を突かれ、ファイナルまで追い込まれた。ファイナルでも、らしくないミスが続き、1ポイントしか取れずゲームセット。大黒柱の敗北で、チーム内に暗雲が立ち込めた。



ボールを見据える村上



レシーブを放つ西村



悪い連鎖は続いた。「何とかなるだろうという気持ちの入りようだった」(真野)1勝3敗ともう負けられない状況で、平井・真野も格下相手に詰めが甘かった。第1ゲーム目は4-0と、入りは絶好調だったが、後半攻め込まれた。「正直最後の1点取られるまで負けるとは思っていなかった」(平井)。G2-3の第6ゲーム目、平井がボックボレーでボールに食らいつくも、惜しくもサイドアウト。敗北が決まった瞬間だった。「自分たちが負けてしまったことが、チームの負けた直結した」(真野)。勝ち頭2ペアの敗退で、今シーズン初めて関大に苦杯を喫した。



バックレシーブを打つ真野



優勝への望みをかけ、最終戦は関学大に挑んだ。昨年の同大会覇者であり、一筋縄でいく相手ではない。1番の鈴木・近藤は、遠藤・二階堂相手にG1-3からファイナルまで持ち込む。善戦を繰り広げるも、最後は相手の底力に屈した。2番に登場したのは、リーグ戦初出場の松山・後藤。G0-3の第4ゲーム目、ポイント0-2からデュースに持ち込み、ゲームを取り切ると驚異の追い上げを見せた。「最後までラケット振れた。苦しい場面でも踏ん張り直すことができたのは、応援のおかげ」(松山)。仲間の応援を背に、4ゲーム連取で見事勝利をつかみとった。「入りが悪くて3-0になってしまったのがよくなかった。入りをもっと意識していきたい」(後藤)。新たな課題点も見つかり、次につながる大事な勝ち星となった。



強気に打ち込む松山


レシーブで攻める後藤



関大戦は不甲斐ない結果となった新子・古田だが、最後に意地を見せた。序盤は苦戦を強いられた。レシーブやスマッシュのミスが続き、デュースを取りきれない。ネットにつく2人のサイドや中央を抜かれ、自分たちのペースにできないままG1-3に。しかし、第5、6ゲーム目と本来の動きを取り戻し、ボレーを量産。持ち前の粘りで、ファイナルまで持ち込んだ。ファイナルは1点を争う熱戦となった。互いにスマッシュを打ち合い、ポイントを取り合う。6-5で迎えたマッチポイント、古田のスマッシュ連打で勝負を決めた。粘り勝ちだった。自分たちの”勝利”でチームを引っ張っていくという気概が現れた戦いだった。



カットサーブを放つ古田



最後に追い上げを見せた新子



続く、平井・真野と山﨑・三輪が勝利し、4勝3敗で白星を挙げた。有終の美で終えたが、同志社、関大、関学大の3校が1勝1敗で三つ巴となり、得失点差で同志社は3位に終わった。


新チームになり、次々と好成績を残した同志社。「秋リーグから今までがうまくいきすぎていた」(平井)。”予想以上の結果”から生まれたのは「隙」と「慢心」だった。しかし、真の戦いはここからだ。「良い意味で痛い目に合った」(新子)。「今のうちに気づけたので挑戦者の気持ちで再スタートできる」(真野)。「過信することなくこれからみんなでやっていかないといけない」(古田)。「春からは同じ過ちをしてはいけない」(平井)。3年生を筆頭に、全員が前を向いている。「あくまで挑戦者という気持ちを貫かないと僕らは勝てない」(新子)。チームのスタンスは確立した。新シーズン、常にチャレンジャーとして貪欲に走り続ける。(山崎和泉)



第4戦 対関大

1 村上・西村○4-0河野・真田

2 鈴木・近藤●2-4石田・山本

3 新子・古田●3-4岩木・森島

4 松山・後藤●2-4池田・奥村

5 平井・真野●2-4堀井・友田

6 堀口・二星●2-4佐々井・向井

7 山﨑・三輪○4-1林・口田

計 ●2-5


第5戦 対関学大

1 鈴木・近藤●3-4遠藤・二階堂

2 松山・後藤○4-3鳥居・古賀

3 新子・古田○4-3美甘・羽田

4 村上・西村●1-4廣瀧・浦東

5 平井・真野○4-1藤本・池田

6 山﨑・三輪○4-2田中・田中

7 堀口・二星●3-4吉川・中村

計 ○4-3


最終成績 4勝1敗

3位


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について