同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 前回王者撃破!インカレへ弾み!!:ソフトボール部
第64回関西学生アイスホッ...
絶たれた全勝優勝
笑顔で飾った引退試合
'17秋の展望「...
'17 秋の展望...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
前回王者撃破!インカレへ弾み!!:ソフトボール部
2017/07/12 HEAD LINE NEWS
同志社大00000101------2
広島大00001000------1

第49回西日本大学選手権大会 (2017年7月10日)

7月10日にKIRISHIMAヤマザクラ宮崎県総合運動公園運動広場で行われた西日本大学選手権大会3回戦、同志社は広島大と対戦し2‐1で勝利した。1回戦の松山大戦(12‐0)や2回戦の中京学院大戦(7‐0)と大きく違うロースコアの接戦。前回王者相手に我慢の試合運びで金星を挙げ準決勝進出を決めた。


先攻の同志社は初回、2回戦でともに本塁打を打った小澤(社2)と青田(スポ3)の3、4番コンビでチャンスを作るも、後続が倒れ無得点に終わった。裏の守備では2試合連続無失点と絶好調の大濱(商4)が登板。相手は前回王者広島大の強力打線。大濱は臆することなく腕を振った。先頭打者を平凡なサードゴロに打ち取ると、そこから2者連続の空振り三振。チャンスをつぶした直後の大切な守備を3人で終えた。


2回には1死二塁、3回には2死三塁、4回には1死一、三塁と再三得点圏に走者を進めた同志社だったが、あと一本が出ず均衡を破ることができない。援護点が入らず流れを相手に渡してしまいかねない展開。それでもこの日の大濱には全く付け入るスキがなかった。1回から2回の4者連続を含め、4イニングで7奪三振の被安打1。二塁を踏ませぬ快投でゲームを引き締めた。


強気の投球で広島大打線をねじ伏せた大濱(写真中央)



5回裏、思わぬ形で試合は動く。先頭打者を空振り三振に仕留め続く7番打者、右方向へ強烈な打球を放ち一気に二塁へ。この試合初めてのピンチを迎えた。我慢の大濱、ここでギアを上げた。続く打者にもストレート中心の投球でファウルを打たせ、最後は空振りで三振に。進塁を許さず2死にこぎつけた。続くはラストバッター、打順の巡りを考えるとここで切りたい。1ストライクを取ってからの2球目、打球はサード須賀(経1)の前へ。素早く一塁へ送球するも、ファーストの田中(商3)が捕れない。走者はその間に生還し先制点を献上した。


今大会初めて追いかける展開となった同志社だったが、そんなチームを救ったのは田中だった。1死で迎えた第3打席、フルカウントからの甘く入った勝負球を振り抜いた。打球はぐんぐん伸びフェンスを越え、同点ホームランに。リーグ戦不出場の男が大仕事をやってのけた。「(リーグ戦欠場の)悔しさがあった今があると思っている」と笑顔で振り返った田中にソフトボールの神は味方した。


復帰により打線に厚みを加えた田中


本塁打を打ち、帽子を取りソフトボールのの神様に感謝する田中と田中を祝福する仲間



王者相手に再び試合は均衡状態に。互いに一歩も譲らず7回を終了。無死二塁から攻撃を始めるタイブレークで行われる延長戦に突入した。


8回表、先頭の上杉(スポ4)がセオリー通り犠打を決め走者を三塁に進める。迎えるは同点本塁打を放った田中。外野に飛ばせば1点が入るこの場面、田中は5球目を右方向に引っ張り込んだ。打球はライトのグラブに収まり、三塁走者青田がホームイン。2点目となり同志社はこの試合初めてリードを奪った。


裏の守備、先頭打者をこの日11個目の三振で打ち取ると続く打者をサードゴロ。勝利まであとアウト一つとした。しかし、迎えるは4巡目の広島大上位打線。勝利へのプレッシャーも相まってかボールが先行し四球を与えた。この試合最大のヤマ場、レフトの小林からは「力じゃない。コントロール」と大濱に大声で助言が渡った。ファウル二つで追い込み迎えた4球目、打球はショート福原(スポ3)の前へ。落ち着いて一塁へ送球しスリーアウト。多くの残塁を記録し我慢の展開だったものの、犠打にみられるような細かいソフトで勝利をつかみ取った。試合後の選手の顔からは達成感に満ちた笑顔がこぼれた。


最高の笑顔で選手を迎え入れる小澤


もちろん、選手全員が笑顔だ


準決勝の神院大戦は3‐6で敗れたものの、リーグ戦からの打線好調に加え同志社がテーマにしてきた「細かいソフト」が見られたことは大きな意味があるだろう。また、延長タイブレークという経験も貴重なものとなったはずだ。次なる舞台は9月のインカレ(岡山県)。今大会の3試合を糧に同志社はさらに強くなる。(本林大将)



スタメン

(左)小林

(遊)福原

(DP )小澤

(中)青田

(二)上杉

(一)田中

(三)須賀

(右)木村

(捕)矢島

(投)(FP)大濱


同志社の頭脳・上杉(左)と好調小澤(中)から須賀(右)への助言

リーグ戦同様、今大会も本塁打を記録した青田

中京学院大戦では人生初の本塁打を記録し、その後は犠安打も記録、何でもできる3番小澤

レフトから声を出しチームを鼓舞した小林

インカレでも細かいソフトで上位をうかがう(写真は上杉)

試合後の1枚
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について