同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 開幕初戦まさかの逆転サヨナラ負け:ソフトボール部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
開幕初戦まさかの逆転サヨナラ負け:ソフトボール部
2017/09/24 HEAD LINE NEWS
同志社0003013-------7
大阪国際大1010105-------8

関西学生ソフトボール秋季リーグ (2017年9月23日)

9月23日に四天王寺大学(大阪府)にて行われた関西学生ソフトボール秋季リーグ戦、対大阪国際大学。1点リードで迎えた最終回。先攻の同志社は3点を追加しさらにリードを広げるも、その裏に大阪国際大の猛攻を浴び5点を失いサヨナラ負け。7―8で秋リーグ初戦は黒星スタートとなった。


初戦で先発のマウンドを任されたのは立迫(商1)。初回、先頭打者にヒットを許すと犠打、エラーが絡み1死三塁を迎える。ここでワイルドピッチという形で先制点を与えてしまう。2回には死球とヒットで2死二、三塁のピンチを迎える。ここで立迫は降板し、代わって森本(社2)がマウンドに上がる。迎えた打者をショートフライに打ち取りピンチを切り抜けた。しかし3回に、相手の上位打線の連打を浴びさらに1点を追加される。一方の同志社攻撃陣は3回まで全ての回で三者凡退。ここまで自慢の打線は沈黙していた。



立迫に代わってマウンドに上がった森本



しかし4回表、流れを一気に引き寄せた。同志社打線に火を付けたのは1番・金谷(商3)のセーフティバントだった。これまで凡打に倒れていた同志社だったが、先頭の金谷が初球セーフティバントを決めると、続く稲岡(スポ4)の犠打、吉岡(スポ2)の四球で1死一、三塁のチャンスを作り出す。ここで打席に立つのは4番を任された重富(スポ3)。「自分の役割はランナー返すことと思って思いっきり振りました」とレフトオーバーのタイムリーツーベースを放ち1点を返す。するとさらに2死二、三塁から渋谷(スポ3)がセンター前タイムリーを放ち2点を追加。3―2と逆転した。


タイムリーを放つ重富


ベンチで迎えられる金谷


2点タイムリーを放つ渋谷



5回裏には大阪国際大に1点を返され、同点に追いつかれるも、1死から重富のスリーベースヒットが飛び出すと、渋谷がライト前ヒットを放ち重富が生還。4―3と勝ち越しに成功。


さらに引き離したい7回には1死から、金谷がセンター前ツーベースヒットを放ち出塁すると、稲岡の死球、吉岡の安打で1死満塁のチャンスを作り出す。打席に立つのは重富。ファールで大きい当たりを連発すると、7球目で仕留め、走者一掃のタイムリーツーベースを放った。重富の一振りで一挙3得点。7―3と突き放した。

相手との差は4点。しかし大阪国際大は最後まで諦めていなかった。思いもよらない猛攻を浴びることとなった。


「最後の詰めの甘さが出た」(重富)。先頭打者の3番に左中間を抜けるツーベースヒットを許すと、4番、5番の連打を浴び1点を返される。続く6番、7番からも外野へのヒットを打たれさらに3点を返され、同点に追いつかれる。ここで森本に代わり、前田(文2)が登板。8番、9番と内野ゴロに打ち取り2死2死。何としても本塁を踏ませたくなかったが、2死一、三塁で1番打者のライト線への痛烈な当たりを浴び三塁ランナーがホームイン。まさかの逆転サヨナラ負けとなった。「どこか油断してる部分があったと思う」(重富)。点差が大きかっただけに悔しい敗戦となった。


しかし、試合には負けたものの彼女たちの強力打線は健在だ。4打数3安打4打点の重富、4打数2安打3打点の渋谷を中心に自慢の打線の繋がりを見せた。


秋季リーグ2戦目となる明日は、大阪大谷大との対戦を控えている。気持ちを切り替えて、彼女たちの持ち味を存分に発揮し、思いきりプレーをしてほしい。(高松さやか)



【スターティングメンバー】

1(遊)金谷…商3

2(三)稲岡…スポ4

3(一)吉岡…スポ2

4(中)重富…スポ3

5(指)野表…社1

6(右)渋谷…スポ3

7(左)高部…商1

8(捕)松下…商4

9(二)石川…商2

(投)立迫…商1


【バッテリー】

立迫、森本(社2)、前田(文2)―松下

【コメント】

杉原監督

(今日の試合を振り返って)

ここ最近練習試合の数も少なくて最初緊張してて。でも4回に金谷が流れ変えてくれて、重富がしっかり打ってくれてようやく試合になった。森本も最後打たれたけどよく投げてくれた。

(相手投手の印象は―)

球が速かった。3回までみんなの緊張と相まってフライばっかり打たされていた。良いピッチャ―でした。

(同志社の打線の調子は―)

重富がよく当たってたし、吉岡も練習では結構当たってる。渋谷も大活躍だった。全体的に悪くなかったと思う。

(秋リーグはどういう風に戦ってきたいか―)

上位にいくことに越したことはないけど、1部に残って春に繋げていけたらと思います。

#16 重富

(今日の試合を振り返って―)

最後の詰めの甘さが出た。やっぱりどこかで油断してる部分があったと思う。長い試合で集中力切れた方が負けだと思ってたから、そこが自分たちが勝ち切れなかったところだし、

今後にも繋げていかなあかんところ。初戦だったけど振れてたし1つの試合の中で立て直せたのは良かった。同じことをこのリーグでしないように気を引き締めて次の試合に臨みたい。

(秋リーグ初戦、チームの雰囲気は―)

最初はみんなめちゃくちゃ緊張してた。でもやっぱり打ったら盛り上がるし、逆に声出して雰囲気良くなって打てるっていう流れに持っていけるようにしたい。次は2試合目だから

多分大丈夫だと思うけどまたみんなで元気出してこの試合は反省して、切り替えて臨みたい。

(自身の打撃の調子―)

ほんまに来たボールを打っただけだった。いつも5番だったから、今日は4番で最初緊張してたけどベンチのみんなの顔見て、自分の役割はワンヒットでもいいからチームのために

打つこと、ランナー返すこと、と思って思いっきり振りました。

(秋リーグはどういう風に戦っていきたいか―)

4回生とできる最後の試合だし、目の前の試合だけ見て一戦必勝で全員で勝ちにいきたいです。

#13 森本

(今日のピッチングを振り返って―)

コントロールもキレも全体的に悪かった。 

(相手の打線の印象は―)

よく打つ。

(秋リーグの意気込み―)

出たら無失点でがんばります。

#10 稲岡

(今日の試合を振り返って―)

重富と渋谷が間違いなくキーやったから、そこの2人がしっかり活躍してくれたし、その2人がちょうどいい所に回ってきたから打線的には良かった。

(自身の調子は―)

見逃してしまったしもうちょっと出来るかなとは思うけど、悪くはないと思う。

(最後のリーグ戦、どういう風に戦っていきたいか―)

思い切って楽しんでできたらいい。結構みんなガチガチなんですけど声かけていけたらいいと思います。


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について