同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 終盤に追い上げ見せるも届かず…1点差で敗戦。:ソフトボール部
関西大学ラグビージュニアリーグ
関西大学ラグビーAリーグ
新人戦スプリント準優勝
劇的逆転も...9回裏に悪夢。
'17秋の展望「...
これぞエース:福島孝輔
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
終盤に追い上げ見せるも届かず…1点差で敗戦。:ソフトボール部
2017/10/10 HEAD LINE NEWS

関西学生ソフトボール秋季リーグ戦 (2017年10月8日)

10月8日に四天王寺大学(大阪府)にて行われた関西学生ソフトボール秋季リーグ戦、対武庫川女子大。同志社は迎えたチャンスをものにできず武庫川女大ペースで試合は進む。3点を追う最終回に2点を返し、粘りを見せたが4―5で敗れた。


同志社の先発は立迫(商1)。初回、先頭打者にヒットを許すと犠打を挟んで1死二塁。ここで迎えた3番打者にライトオーバーの強烈なタイムリースリーベースを打たれ、先制点を許してしまう。しかし2回裏、先頭の渋谷(スポ3)がライト前ヒットで出塁すると、続く松下(商4)の犠打でチャンスを広げ2死二塁。迎えた得点のチャンス、ここで打席に立つのは野表(社1)。期待に応え、レフトへのタイムリーツーベースを放ち同点に追いつく。追加点には至らなかったが試合は振り出しに戻り1―1とした。



立迫に声をかける内野陣。



2、3回は無失点に抑えた立迫だったが、4回に武庫川打線につかまってしまう。8番に二塁打を許すと、その後の上位打線から連打を浴び2点を失う。

ここで立迫は降板し、代わって下小薗(スポ3)がマウンドに上がる。2死一三塁のピンチでの登板となったが落ち着いたピッチングを見せ、4番打者をライトフライに打ち取り、追加点は許さなかった。


投手陣を援護したい攻撃陣だったが、チャンスを生かしきれなった。2点を追う4回裏、先頭の高部(商1)が内野安打で出塁し無死一塁。しかし、続く松下のショートゴロを二塁に送球されランナーの高部がアウトになり1死一塁。さらに続く野表がライトへヒットを放つも、ライトが二塁に送球しランナーの松下がアウトになり2死一塁。石川は鋭い当たりが出るもサードライナーに終わりこの回は無得点。ランナーを出すも、進めることが出来なかった。
さらに5回、1番金谷(商3)が三塁打を放ち無死三塁、さらに後ろは上位打者と大チャンスを作るも、後続が三者凡退に倒れる。金谷の後に続くことが出来なかった。

ここで武庫川女大が勢いに乗り、直後の6回表には2点を追加。1―5とさらにリードを広げられる。




三塁打を放つ金谷。



しかし同志社も諦めてはいなかった。6回裏、2死から打順が回ってきたのは松下。特大ファールを打った後、高めに入った球を思い切り振りぬき打球はそのままセンターの頭上を超えホームランに。「全部フルスイング。悔いのないようにっていうことを考えて打席に入った。」(松下)。松下のホームランでスコアは2―5。沈んでいたベンチに笑顔が戻り、一気に盛り上がった。




ホームランを放つ松下。



盛り上がるベンチの様子。



松下を迎える選手たち。



最終回にも追い上げを見せる。石川(商2)が四球で出塁すると、金谷がライト前ヒットを放ち無死一二塁。このヒットで金谷は今試合全打席ヒットを記録した。続く稲岡(スポ4)の打席の間に相手のワイルドピッチで無死二三塁。稲岡はファールで粘るも三振に倒れる。続く吉岡はホームラン級の大きい当たりを放つも打球はセンターのミットに収まった。しかし吉岡の犠牲フライで金谷が生還し4―5。1点差まで詰め寄ったが、5番重富(スポ3)があえなくショートゴロに倒れ試合終了。反撃はここまでだった。


「チャンスが生かせなかったところで相手に流れを渡してしまった」(重富)。終盤に追い上げを見せ1点差まで迫るも、試合中盤で迎えたチャンスを得点に繋げれなかったことが勝敗に響いた。ダブルヘッダーのこの日、次の相手は立命大だった。毎回盛り上がるという立命大との一戦。「どっちが元気出していい雰囲気で出来るか。雰囲気勝負だと思う」(重富)。各々の反省点を振り返り、気持ちを切り替えて次の立命戦に挑んだ。(高松さやか)




【スターティングメンバー】
1(遊)金谷…商3
2(三)稲岡…スポ4
3(一)吉岡…スポ2
4(中)重富…スポ3
5(右)渋谷…スポ3
6(左)高部…商1
7(捕)松下…商4
8(指)野表…社1
9(二)石川…商2


【バッテリー】
立迫(商1)、下小薗(スポ3)―松下


【コメント】
#16 重富
(試合の感想―)
守備では悪い流れを切れなかった。打撃は最後は打線が繋がって良かったけど、それまでにチャンスは何回もあったし、自分がチャンスで回ってきて返せなかった。ノーアウト三塁で金谷が出たのにそっから2、3、4が返せないっていうそういうところが敗因だったと思う。ピッチャーも打たれたけどしっかりよく投げてくれた。チャンスが生かせなかったところで相手に流れを渡してしまった。
(相手の打線は―)
頭超える長打じゃなくてしっかりゴロ。ワンヒットで繋いで、出て送ってっていうチームバッティングが出来ていた。
(次は立命戦―)
下向いててもだめなので。4回生と出来る試合も後2試合だし、立命戦は結構いつも盛り上がるのでどっちが元気出していい雰囲気で出来るか。雰囲気勝負だと思うから、全力で楽しんでいきたいと思います。切り替えていきます。


#1 松下
(ソロホームラン、点差もあったがどんな気持ちで打席に―)
全部フルスイング。悔いのないようにっていうことを考えて打席に入りました。
(打った瞬間の手ごたえは―)
めっちゃ気持ちよかったです。大好きな高さだったから気付いたら振ってた。
(立命戦に向けて―)
立命は打撃がめちゃめちゃ良いからまずは守備のほうで最少失点に抑えることを考えて、打撃はみんな打ってくれるからチームバッティングを目標にやっていきたいと思います。







同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について