同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 笑顔で飾った最終戦:ソフトボール部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
'17秋の展望 ...
阿吽の呼吸で勝ち取った念願...
有言実行!新人戦タイトル獲得!
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
笑顔で飾った最終戦:ソフトボール部
2017/10/17 HEAD LINE NEWS
神戸親和女子大0010000-------1
同志社001003x-------4

関西学生ソフトボール秋季リーグ (2017年10月9日)

10月9日に武庫川女子大学(兵庫県)にて行われた関西学生ソフトボール秋季リーグ戦、対神戸親和女子大学。秋リーグ最終戦、そして4年生の稲岡(スポ4)、松下(商4)の引退試合ともなるこの試合。同志社は、4-1で勝利を飾り、笑顔で秋リーグを終えた。


同志社の先発は前田(文2)。初回から得点圏にランナーを進めるも、要所を抑えたピッチングを見せ2回まで相手打線を相手打線をゼロに封じる。得点を許したのは3回。セカンドの石川(商2)のエラーで先頭バッターが出塁すると4番バッターにレフト前に運ばれ先制点を許してしまう。



先発の前田。



しかし、味方打線も黙ってはいない。先制を許したその裏、すぐさま点を取り返しにかかる。先頭の高部(商1)が出塁すると、金谷(商3)がチャンスを広げ2死三塁。ここで2番の吉岡(スポ2)がタイムリーを放ち1点を返し1-1。同点に追いつく。

4回からは前田に代わり森本(社2)が登板。2死二塁のピンチを背負うも、9番打者を三振に抑える落ち着いたピッチングを見せる。
4回裏の攻撃を三者凡退に抑えられた同志社だったが、5回表には森本が1番から始まる好打順を三者凡退に打ち取り、流れを向こうに引き渡さない好投を見せた。チャンスを作るもホームは踏ませない。スコアボードにはゼロが刻まれていき、両チーム共に一進一退の攻防が続く。


粘投を見せるピッチャー陣の頑張りに野手陣も応えて見せる。守備では6回表、先頭打者にレフト前ヒットを許すも、続くサードへの打球をサード・稲岡、ショート・金谷(商3)の連携プレーで一気に2死を取り、相手の好機の芽を摘む。
するとその裏、勢いに乗った同志社打線が試合終盤にしてついに火を噴く。この回先頭の野表(社1)がヒットで出塁すると、重富(スポ3)の犠打、渋谷(スポ3)のセカンドの頭を超えるライト前ヒットが続き1死一、三塁とチャンスを広げる。この大チャンスで打席が回ってきたのは松下。ここで渾身の勝ち越しタイムリーを放ち1点を追加してみせる。
さらに松下に続き石川もタイムリーを放ちさらに2点を追加。4-1と試合終盤で一気に相手を引き離す。



同点タイムリーを放った松下。



最後まで主導権を手放さなかった。最終回、出塁を許すも、二遊間の石川・金谷コンビがファインプレーを見せランナーを進めさせない。また2死からマウンドに上がった下小薗(スポ3)もピッチャーライナーをしっかりミットに収め試合終了。3点差でそのまま逃げ切り、秋季リーグ最終戦を勝利で飾った。



堅い守備を見せる。



試合を笑顔で終えた選手たち。



秋季リーグを戦い抜き、結果は1部リーグ5位。サヨナラ負けを喫した大阪国際戦、1点差で敗れた武庫川女大戦での敗戦が響き、惜しくも昨年の秋リーグと同じ順位という結果に終わった。
「来年の春は歴史を塗り替えれるように」(重富)。これからも前を向いて進んでいく。
稲岡、松下の主力2人が抜け、重富を先頭に新・同志社ソフトボール部が歩み始めた。先輩達の思いを引き継いで、新たな歴史を刻んでいく同志社ソフトボール部から、これからも目が離せない。今年の秋もチーム全員で乗り越えた。(高松さやか)



【スターティングメンバー】
1(遊)金谷…商3
2(一)吉岡…スポ2
3(三)稲岡…スポ4
4(指)野表…社1
5(中)重富)スポ3
6(右)渋谷…スポ3
7(捕)松下…商4
8(左)高部…商1
9(二)石川…商2


【バッテリー】
前田(文2)、森本(社2)、下小薗(スポ3)―松下


【表彰選手】
打撃賞5位:金谷愛美(4割9厘)
打撃賞6位:重富めぐみ(4割)
ベストプレー賞:松下奈央


【コメント】
杉原監督
(秋季リーグを振り返って―)
4勝4敗の五分で終わったんですけど本当は6勝2敗くらいで園田と大谷以外は勝ってもおかしくない試合だったので、結果的に終わったから言えることではあるんですけど、もうちょっと上位にいけたのかなと思います。勝てた試合に勝てなかった。でも2部落ちもかかっていたし、一生懸命やってくたと思う。
(チームの課題はー)
もう一段階上を求めないといけないかなと思う。3部から2部、2部から1部と上がってきたんですけど、ソフトボールがまだ粗い。同志社はよく打つって言われてるんですけど点数は入らない。もう少し細かいソフトを、1点1点取りに行くっていうのを徹底しないといけない。あとピッチャーも今シーズン良い球投げてるし、松下も頑張って今までと違うリードをしてるんですけど、このバッターで抑えたら楽に回っていくっていうところでフォアボールとか打たれたりして、クリーンナップで一発打たれるとか。もう少しコントロールミスとかがなくなっていけば多分さっき言ったような6勝2敗とかが見えてきた。そこの修正が出来ていけばもうちょっと上位に行けると思います。
(良かったところー)
1つは前田が肝の座ったピッチングをしてくれたこと。いつもきつい場面で良いピッチングをしてくれた。打線は火がつけばがんがん打つ。そこは非常に良かったと思います。そこに細かいプレーが加わったらもう少し上に上がっていけると思う。でも全体的には良かったと思います。少し地力ついてきたと思う。
(これからの意気込みー)
春リーグはこれより上位で残れるようにして、あと全日本総合で京都の代表として出てぜひ全国で日本ソフトボールリーグの1部チームとあたること。4回生2人主力が抜けるので、あとは1年生がどんな子が入ってくれるのかわからないですけど、そこの穴をカバーして有り余るくらいじゃないと春は勝てないと思うので新戦力にも期待したいなと思います。


#16 重富

 
(秋季リーグを振り返って―)
色んなことがあって辛いこともいっぱいあったけど、今のメンバーだったから乗り越えれたと思う。まずこの秋リーグに出るにあたって保護者の方もОB、ОGの方もすごい応援に来て下さってすごい本当に恵まれてるなって、本当にたくさんの人に応援してもらってるなってめちゃくちゃ思ったリーグだった。ここでプレー出来てることがすごいありがたいことだし嬉しいことだなって改めて実感したリーグだった。本当にたくさんの人に応援してもらって、それを1番感じています。
(主将になって―)
前を向かないといけないっていうのはわかってたけど辛いこともいっぱいあった。けどやっぱりみんなの明るさとか元気さとかに励まされつつ本当にみんなに支えてもらって、稲岡さん奈央さんに支えてもらったからこそ、キャプテンをやらしてもらえてた。まだ全然できてないけど、ほんまに支えてもらったっていう気持ち。だから成り立ってたかなと思う。別に、キャプテンとして何が出来たっていうのは思わないけど、やらせてもらえて感謝しているし任せてもらえて本当にありがとうの気持ちでいっぱいです。
(リーグ戦を終えて見つかった課題はー)
4回生2人はもういなくなるしサインの采配とかはまたこれから新体制になるから、自分ももっと勉強せなあかんところ。でもリーグ中でもあったけど悪い流れをいかに早く切り替えれるかっていうところ。守備のテンポが良いときは打撃も結構勢いがあってのりに乗れてたから。やっぱり1試合の中でピンチもチャンスも絶対どっちも来るから、そのピンチをいかに早く切り抜けるかっていうところを練習の中で課題として詰めてやっていかないといけないなと思う。
(これからの意気込みー)
去年の秋が5位で今年も5位。来年の春は歴史を塗り替えれるように上見て、上位目指してチームで戦いたいと思います。


#11 渋谷

 

(秋季リーグを振り返って―)
勝てた試合を落としたのもあったからそこは悔しかった。でも4回生と全試合楽しくできました。
(自身のプレーを振り返ってー)
後半ちょっと大失速したので、でも自分が打てないときはみんなが打ってくれたので自分もチームの勝利に貢献できるようにがんばりたい。
(よかったところー)
野次が絶好調でした。
(課題はー)
ここぞっていう、1点差のゲームとかで落としてるのでそこを勝ちきれるようにしていきたい。
(これからの意気込みー)
もう自分らもあと1年なので悔いのないようにがんばります。


#6 金谷


(秋季リーグを振り返って―)
楽しくできたリーグだったので良かったと思う。
(武庫川戦では全打席ヒット、自分のプレーについてはー)
守備では要所要所でピッチャーを助けれたので良かったかなと思うんですけど、バッティングがもうちょっと打てたらよかった。
(良かったところー)
勝たないといけない試合で、初回からちゃんと出塁できたのが良かった。
(課題はー)
バッティングは水ものだけど、そのなかでもしっかりアベレージ上げていけるようにすることと守備の全体的なレベルアップかなと思う。
(これからの意気込みー)
これからまた春まで空くのでこの冬で一回りも二回りも成長してグラウンドに立てたらと思います。


#9 吉岡


(秋季リーグを振り返って―)
春もそうだったけど最初の試合で負けが続いて、追い込まれないと勝てないというところがチームの中の弱さかなと思ったので、次のリーグは最初から勝って勢いつけていけるように、追い込まれる前からしっかり勝てるように雰囲気とかをつくれるようにという課題が見つかった。
(良かったところー)
最初のほうは全然バット振れずに結果が出せなかったけど、後になってくるにつれて調子も上がってきたので、そこは春リーグと比べてチャンスでも打てるようになってきたので良かったと思います。チームは最初負けていた時は雰囲気もあんまり良くなかったけど、勝つにつれて雰囲気もよくなってきたから、最初からそこに持っていけるようにがんばっていきたい。
(これからの意気込みー)
まずは園田と対等に戦えるところまで持っていくこと。そこからもっとどんどん上にいけるように頑張っていきます。


#28 野表


(秋季リーグを振り返って―)
秋リーグの初めの方は緊張してかわからないんですけど打てなくて、すごく落ち込んでた部分もあったんですけど最後になるにつれて、4回生と出来るのも最後だなと思って徐々に調子を上げれたのでそこはよかった。
(よかったところー)
昨日の試合でランナーがいる場面で打てたのでそこは良かった。目標にしてたチャンスの場面で打つっていうのが出来たのでそこは良かった。
(課題はー)
自分の課題は選球があんまり良くないときがあって悪いボールを打ってしまうときがあったので、そこは自分の得意なボールをしっかり見きわめて、調子とか関係なく常に良い打球を飛ばせるように、ヒットを打てるようにしていきたいなと思う。
(これからの意気込みー)
4回生が抜けてまた新しい体制になっていくんですけど、4回生が抜けるのは大きいと思うのでそこを少しずつカバーして3回生を支えられるようにがんばっていきたいと思います。


#23 石川


(神戸親和女大戦では攻守に活躍ー)
1点取られた時に自分のエラーから始まっていたので、まずいなと思った。最後打ったのはツーアウトだったので自分が打たないと後ろに繋がらないから思い切っていった。
(秋季リーグを振り返って―)
こうやって結果が出て、もうちょっと勝ちたかったっていうのは思う。1点差で2つ負けてそこが勝ってたらもっと上位にいけた。今更なんですけどそこは勝ちたかったっていうのはある。でもチームで戦うことは守備でもバッティングでも出来ていたのでそこは良かったかなと思う。
(収穫はー)
守備は、昨日まではノーエラーだったけど、昨日やってから今日もエラーして、このリーグで1つもエラーしないっていうのを自分の中で決めていたので100%そこを出来なかったのはまだまだだなって思った。バッティングでは、こだわっていたのは出塁することで全試合出塁は出来ていたので、次は目標上げてしっかり打って出るということ、ランナーを返すっていうことを目標にやっていきたい。
(課題はー)
初戦からバッター陣は調子良くて点も取れてたから、練習でやってきたことは出来てたかなって自信を持てていたんですけど、ピッチャーを継投するタイミングとかチームとして迷っていた部分もあった。自分ももう学年も上がるし、もっと考えて言えるようにしていきたい。
(これからの意気込みー)
5位が同志社の最高成績なので次のリーグでもっと上に上がりたい。強い同志社にしていきたいと思います。


#5 高部


(秋季リーグを振り返って―)
4回生が最後の試合で、悔いは残したくなかったので全試合全力で頑張りました。
(良かったところー)
自分で返すっていうよりはチャンスを作るっていうのを目標にやってきたので、先頭バッターの時とかは意識してやっていた。
(課題はー)
今回小技があんまり上手くいかなかったので、バッティング中心でいったんですけど、そこをもっと小技を混ぜていけたら打率も上がると思うので、そこをもっと練習していきたいなと思う。
(これからの意気込みー)
リーグ終わって、次は新人戦があるので、優勝目指してまたみんなで一から練習して頑張っていきたいと思います。


#14 下小薗


(秋季リーグを振り返って―)
上位目指してやってたんですけど、最初1部残れるかっていうところまでいったけど、でも全部の試合が楽しかった。きっとみんなもそうだと思う。楽しかった試合は勝っていた。
(良かったところー)
球自体は悪くないと思います。後はもうちょっと考えないといけないなと思います。場面ともそうだし、相手のバッターとかももうちょっと観察しないといけないなと思う。
(課題はー)
もっと考えること。賢いピッチャーになりたいなと思う。
(これからの意気込みー)
春に向けてもっとがんばろうと思います。


#20 前田


(秋季リーグを振り返って―)
自分が投げさせてもらったときは結構苦しいときとかここで抑えなあかんっていうところとかで投げさせてもらって、自分自身これからの自信に繋がったし結果的に良かったのは良かったと思う。
(課題はー)
球が浮きがちなので、低めに集めれるようにするのと、もうちょっと変化球も組み込めていけたらなと思う。チームとしては、負けてるときにベンチも静かだし負けた試合は初回から点も取られたりしてて、勝つときと負けるときのベンチとかチーム全体の雰囲気の差が激しかったかなと思う。
(これからの意気込みー)
今回みたいに大事な場面で投げさせてもらえるように、細かいところも調整しつつ思い切って頑張っていきたいと思います。


#13 森本


(秋季リーグを振り返って―)
最初の試合で点を取られてしまってやばいなと思っていたけどその後ちゃんと立て直して、抑えるところはちゃんと抑えれたので良かった。
(チーム全体を振り返ってー)
勝てるところに出来るだけ勝てたっていうことは良かったと思う。格上の相手でも勝てたらよかった。
(課題はー)
最終回を頑張ります。
(これからの意気込みー)
出た時はどんな場面でも無失点で抑えれるように頑張ります。


#15 立迫


(秋季リーグを終えてー)
秋リーグを振り返って、4回生最後の試合ということもあって、みんなで一致団結して、楽しい試合ができたし、春リーグよりもいい成績で終われたことが嬉しかった。
(良かったところー)
負けてても、勝ってても、みんなで繋いで1点をとりにいく打線や諦めないところが良かったと思う。
(課題はー)
ピッチャーの失点が多く、勝てる試合を落としてしまったので、投手力をあげることがピッチャーとしての課題だと思いました。打線は、繋いで点数をとりにいけてたので良かったと思う。
(今後の意気込みー)
感謝の気持ちを忘れず、日々成長していきたいと思います。


【4年生】


この試合で引退となった稲岡(右)と松下(左)


#10 稲岡桃香
(秋季リーグを振り返って―)
自分自身のことというより、春リーグ以上に成長したみんなの姿が見れて、特に3年生がしっかりしてたからそういう姿が見れて良かったと思う。みんなの成長を1番感じたリーグだった。
(今のチームの良いところー)
秋リーグはほんまに全員が自分の力を出せたと思う。みんな能力の高い子ばっかりだから、まだまだみんな出るとは思うけど、5割以上は全員出せてたと思う。
(課題はー)
任せっきりにならないで、一人一人が協力して、自分たちでやるスポーツだからこそ全員でもっと上を目指したいっていう欲望をもっと前面的に出せたら良いと思う。もっとわがままで良いと思うし、もっと自分の意見を言えたらいいんじゃないかなと思う。


(これまでのソフトボール人生を振りかえってー)
正直、自分的には辛かったことのほうが多かったなとは思う。特に大学は結構考えることもあったけど、でも大学で気付かされたのはただ純粋にソフトボールが好きだったんだなっていうことはすごく感じる。自分はチームプレーでみんなでやるのが好きだから、だからここまで続けてこれた。
(1番上に立つことは多かったー)
小・中・高・大全部キャプテンだった。自分は自分のプレーで引っ張るというよりも、どういう風にしたら勝てるかとか戦術を考えるのが好きだった。周りを見て動くことを心掛けてきた。
(同志社の主将をしてきて感じたことー)
もう自分自身が情けなかったなと思う。やっぱり大学のキャプテンは1番、自分がしてあげたいって思うけどどうしてもやっぱり1歩踏み出せんことが多くて、結局そのまま終わってしまったから、それが今自分の中ですごく後悔してる部分があって。でもみんなはそれでもしっかりついて来てくれたし、感謝してる。後悔ないことは絶対ないと思うけど、もうちょっと自分の気持ちをもっと素直に伝えれば良かったなと思う。
(同志社のチームでよかったなと思うことー)
とりあえずインカレの切符をつかんだこと。それは結果としては1番の成長だなと思った。後はやっぱり秋リーグで勝てる相手にしっかり勝てたところは今までと違うところだと思うから、落としたらあかん所を落としてないっていうところは技術的にもチーム的にも上がってきてると思う。インカレ決めた時のみんなの嬉しそうな顔が見れたのが1番嬉しかった。
(感謝の気持ちを伝えたい人はー)
やっぱり1番は両親だと思う。15年間ずっと、特にお父さんは毎回車出してくれたしずっと隣にいてくれた。色々あっても自分が辞めなかったのは親がおってくれたからだと思うので1番は親かな。それと松下。松下がおったからやれたと思う。高校から一緒だから7年間なんだけど、自分がもし1人でこの状況になってたらどうなるかわからなかったし、でも松下とここまでやってきたからっていうのもすごく大きくて。多分、お互いにお互いのことを1番よくわかってると思う。だから、きついときもやるしかないなって思えた。


#1 松下奈央
(秋季リーグを振り返って―)
ラストだから楽しもうって思ってたリーグだったけど、勝てなくて苦しんだ時とかもあったから、最後の最後まで深くソフトボールについて考えれたので良いリーグだったと思う。
(今のチームのいいところー)
このリーグを通して思ったのは、チームで戦っているなということ。ほんまに一人一人がみんなのこと信じた結果が勝ちに繋がってる。うちの良いところは打線で、繋いで打てるところだしそれもやっぱり後ろを信じてるから出来ることだと思うからチームワークだと思う。
(課題はー)
点は取れるチームだから、あとはいかに守れるかっていうところ。後は、特に自分はキャッチャーやってたから思うことだけど、ピッチャーにはエース争いをしていってほしいなと思う。


(同志社の副将として感じたことー)
このチームは1人1人がしっかりしてるので、自分が副将っていう立場にはいたけど、自分はチームのためにっていうよりは自分のことに一生懸命にすることばかりやってたからチームのことはそんなに見れなかった。けど一人一人が周りを見れるから、良いチームだと思います。
(これまでのソフトボール人生を振り返って―)
自分はもともとそんな輝く選手とかじゃなかったから、けどチームが支えてくれることによって自分の良さとかも引きだしてくれたと思うので、今までソフトボールやってきた中でもチームっていうのはほんまに感謝しかない。みんなが自分を成長させてくれたし、みんなのおかげで自分もちょっとでも試合に出れたかなと思う。
(きつかったなと思うことー)
1番苦しんだのはキャッチャーという立場。性格上、自分ががつがついくというよりは、支えて支えてっていう感じだったから、結構自分の意見を言わずに相手の意見を優先させてしまったときとかは結構苦しかったりした。でもピッチャーも自分のことを気遣ってくれたり、キャッチャーのことを思ってくれたりした。このリーグが1番それを感じて、自分自身が自分の中で苦しんでたけどそれをピッチャーが支えてくれた。感謝しています。
(同志社のチームでよかったことー)
まず、引退をこうやって笑って終われたことは同志社だから出来たことだと思う。自分が4年間ソフトボールを続けてこれたのも同志社だったからだと思う。逆に同志社じゃなかったら出来てないと思います。
(感謝の気持ちを伝えたい人はー)
稲岡。本当に、稲岡は自分のことよりもチームのことをずっと1番に考えくれてたのに、それでも同期の自分がしっかりしてないから自分をも支えてくれてたのがほんまに稲岡で、どんな場面でも自分に対して声をかけてくれたりとか。言葉じゃなくても行動だったりとか、ほんまに稲岡の背中っていうのは大きかったなと思う。稲岡がいたからここまで続けてこれたと思う。感謝です。高校の時からだけど、かけられた言葉っていうのがすごく安心感があって誰よりも響いてたなっていうことはすごく思ってる。




創部からまだ10年にも満たない若いチームを上へ上へと引っ張ってきた2人。大学4年間を含め、これまできついことがあっても、どんなときも真摯にソフトボールと向き合ってきた。そんなソフトボール人生に大きな区切りをつけ、引退試合を終えた彼女たちの口からは支えてきてくれた人達への想いが溢れた。どんなときでも笑顔と感謝を忘れなかった2人はチームから去り、彼女達が築いてきた財産は後輩達へと引き継がれる。これまで毎試合グラウンドに立ってチームを引っ張り、そして支えてきた稲岡と松下。これからは、グラウンドに立つ後輩たちを温かく見守り続ける。




同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について