同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 王者撃破で初勝利!:ソフトボール部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
一部昇格決定!
2年ぶりのインカレも初戦突...
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
王者撃破で初勝利!:ソフトボール部
2017/10/20 HEAD LINE NEWS
神院大100001--------2
同志社10003×--------4

秋季関西学生リーグ (2017年10月9日)

109日にサザンスタジアム(大阪府)にて行われた秋季関西学生リーグ第1節、同志社は春季リーグの優勝校・神院大を4-2で下し今季1勝目を手にした。両者均衡状態が続いたが、終盤の好機をものにした同志社が神院大の反撃を振り切った。

 

後攻の同志社、先発投手は谷下(1)。リーグ戦初登板が新チーム初戦という大仕事となった。初回、先頭打者にレフト方向への流し打ちでヒットを許すと、すかさず送られ得点圏に走者を背負う。続く3番打者の2球目、強打した打球はライト方向への大飛球となり二塁打に。走者はゆうゆう生還し、先制のホームを踏んだ。春季リーグを全勝で優勝した強敵が見せた全く無駄のない攻撃、苦戦を予感させるには十分だった。

 

いきなり追う展開となった同志社の裏の攻撃、今季から1番に座った須賀(経1)が打線をけん引した。3球目を力強く振り抜くと、打球はセンターを襲い、守備がもたつく間に一気に二塁を陥れた。その後2死三塁となり打者は青田(スポ3)。ここで相手にバッテリーミスが出て須賀は本塁へ。相手の守備のスキを突く積極的な走塁で試合を振り出しに戻した。

 

2回以降は1-1のスコアのままゼロ行進。1点が徐々に重さを増してきた中迎えた5回の攻防にこの試合のハイライトが詰め込まれている。表の守備、谷下は先頭を内野安打で出塁させると二塁へ送られる。ここで神院大の打線は三巡目。谷下はギアを上げ1番をセカンドゴロに打ち取り2死にこぎつける。あと一つ。次の打者の2球目、ボールは一塁手へ転がり内野安打に。さらに3番打者は4球で四球を許した。走者の生還こそ許さなかったが、塁をまた全て埋め迎えるは4番。またも打球はセカンドへ転々とし田中(商3)が兼古(スポ2)へ転送。無失点で切り抜けた。

 

谷下が粘投で流れはたちまち同志社へ流れ込む。1死から須賀が安打で出塁すると、迎えるは初回で犠打を決めた福原(スポ3)。犠打を警戒する相手守備陣をよそに、福原はバスターでライト前へ打ち返した。1死一、二塁打者は小澤。前打席同様レフト方向へ打ち返し2点適時三塁打となった。兼古も適時打を放ちこの回一挙3点。谷下の粘りに応えてみせた。


 適時打を打った小澤


直後の攻撃で1点を返されるも、終盤に来ての3点は大きい。4-2で谷下は完投でリーグ戦初勝利を挙げた。「7割負ける」(福原)。こうした大方の予想を覆し、格上の王者に1年ぶりの土をつけた。次の塁を狙う走塁やバスターといった積極的な仕掛けと要所での攻守にわたる集中力。全員でつかみ取ったこの1勝は今後、男たちの背中を力強く押してくれるに違いない。(本林大将)


初スタメンの浜谷(文情2)


試合後の1枚


スタメン

(三)須賀

(遊)福原

(DP)小澤

(中)青田

(一)兼古

(二)田中

(左)浜谷

(右)仲田

(捕)矢島

(投)(FP)谷下

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について